低所得者ほど通院を控え入院費が増加する傾向にある現実

スポンサーリンク

低所得者による健康格差

働き盛りの中年男性は、低所得者ほど医療機関に入院する割合が高くなるとの研究結果を、千葉大の研究チームが日本公衆衛生学会で発表した。

これは、治療費の節約で、日ごろの通院を控えた結果、逆に健康を悪化させているとみられ、所得による「健康格差」の一端が浮かび上がった。

病気を我慢してしまう悪いクセ

自分も風邪を引いたとか歯が痛いとかになっても、病院に行くのが面倒&治療費を考えると極力我慢して、どうしてものときは病院に行くみたいな感じになっています。

本来なら「病気かな?」と少しでも思ったら、すぐにでも病院に行った方が良いとわかってはいるんだけど、それがなかなかできないでいます。そう思っている人は、結構な数がいるんじゃないのかな?

休日などにやっている病院が少ないのが問題?

それと病院に行こうと思っても、日中は仕事をしてるので病院に行くことはできず、そこで、仕事帰りに病院に行こうと思っても、夜にやっている病院は少なく、また仕事が休みの「土・日・祝」も、夜と同じでやっている病院が少ないので行く機会を失ってしまう。

そんなのもありで、軽い病気ならわざわざ病院に行かなくてもいいかな?我慢していればそのうち治るかな?みたいな感じになってしまい、ついつい病院に行きそびれてしまっているみたいなのがあります。

どうしたって仕事が優先になる?

仕事をしていれば、重い病気は別だと思ういますが、軽い病気だと、どうしたって仕事が優先になるし、特に1人でも欠けるとみんなに迷惑になる見たいな仕事だと、病気だからと言って、突発で休もうにも休みずらくてついつい病気を我慢してしまうんじゃないかな?

それと、日雇いとか派遣とかフリーターとかだと、ただでさえ安い給料のところを1日休めばそれだけ給料が減らされるわけだから「1日の給料分+治療費」それを考えると、休みずらいのもあるんと思うんですよね。

最後に

今、6歳~69歳の治療費負担は基本的に3割ですが、これをもっと細分化すれば良いと思うんですけどね。収入によって負担が増えたり減ったりするみたいな。

例えば、収入が少ない人は1割負担にするとか、そしたら収入の少ない人は、治療費をそれほど気にしないで、病院に行けると思うので、行きやすくなると思うんですけどね。

ただし、そうなると高収入の人に負担が行くわけで、それはそれで不公平なんですけどね。

スポンサーリンク