どちらも働いていない!?ニートと家事手伝いの違いとは?

スポンサーリンク

ニートと家事手伝いの違い

ニートとは、15~34歳の非労働力人口の中から家事も通学もしていない、無業者で求職活動を行なっていない人のことで、家事手伝いとは、炊事・洗濯・育児など、家庭生活に必要な仕事を手伝っている人のことです。

さらに厳密に言うと、ニートとは基本的に働く気がない人で、家でも何もしない人のこと。

一方、家事手伝いとは、基本的に働く気はあるけど、家庭の事情などで外で働けない人で、例えば、忙しい親の代わりに家事をする、兄弟の面倒を見る、介護すをするなどをしている人のことです。

それが、ニートと家事手伝いの基本的な違いになると思います。

ニートはネガティブ、家事手伝いはポジティブ

そして、ニートと言うと、ダメな人とか怠け者とか「ネガティブ」なイメージで使われることが多いと思います。

一方、家事手伝いと言うと、家のことを手伝っているということで、ニートに比べると「ポジティブ」なイメージで使われることが多いと思います。

しかし実際は、どちらも外で収入を得るという働き方をしていませんので、無職だと言うことで、そういった意味では、立場的に同じような感じになると思います。

家事手伝いは女性のみ使える特権!?

世間一般では、家事手伝いと言うと基本的に「女性」が使う言葉ですので、男性で家事を手伝っていても「家事手伝いをしています。」と言う男性はほとんどいないと思います。

そして、男性が家事手伝いをしてるとなると、ニートと言われることになります。しかし、女性の場合には、家事手伝いで世間的には通ることになります。

その点では、女性の方が優遇されているということになると思います。

しかしそれは少し前の話しで、今は女性が家事手伝いと言っても言葉的に通用すること少なく「女ニート」とか「女性ニート」などと呼ばれているそうです。

最後に

ニートと言うと、働いていない人と言うことで、下に見られるというかバカにされることも多いと思います。

そして、どちらかと言えば家事手伝いと言った方が、働く気はあるとかやる気があると言うことで、世間的には通用することになると思います。

昔は、女性は結婚して家庭に入るものだとされており、家庭に入ったときのに家事などを覚えておけば結婚後に役に立つと言うことで、家事などを覚えるための言葉として事手伝いと言う言葉が世間的に通用していました。

しかし現在は、女性の社会進出が多くなったことなどもあり、そのため家事手伝いと言う言葉も薄れ、仕事をしていない女性のことを女ニートとか女性ニートなどと呼ぶのだと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク