会社の退職理由の1位は人間関係?だからセミリタイアなんです!

スポンサーリンク

退職理由で1番多いのは人間関係!?

会社の退職理由で1番多い理由は?それは、退職する理由の半数以上が「人間関係」が嫌で仕事を辞めているそうです。

私自身も、その人間関係が嫌で何度転職してきたことか・・・

この嫌な人間関係がある限り、コミュ障&ダメ人間の私は、社会人として一生まともな収入を得ることはできないし、一生まともに社会人として生きられないと思います。

仕事をしている多くの人が、この人間関係で相当悩まされていると思います。

嫌な仕事上の人間関係を無くすには?

では、その嫌な人間関係を無くすには?もしくは軽くするためには?どうしたら良いのか?

それは、仕事を辞めて仕事上の人間関係が全くない無職になるか、もしくは、全く話さなくてもいいような流れ作業的な仕事をするか、もしくは、責任の少ないバイトや派遣などの仕事をするしかないと思います。

もちろん、正社員であっても、人間関係が良好な仕事もあると思いますので、正社員だからという理由だけで人間関係が悪いとはいえませんが・・・

しかし、退職理由の半数以上が人間関係という事実がある限り、それなりの収入を得ようと思ったら、嫌な人間関係は、常に付きまとうと思います。

嫌な人間関係を回避する方法としてのセミリタイア

その嫌な人間関係を回避できる能力というかコミュニケーションスキルがある人は、別に仕事を辞めるこもなく、その能力を発揮して思う存分仕事に打ち込めば良いと思います。

しかし、世の中には、私のように嫌な人間関係を回避する技を持ってなく、社会で落ちぶれて行く人間もいるという事実もあります。

そこで考えるのは、そのように嫌な人間関係を回避する技を持っていない人は「セミリタイア」をするのも1つの方法だと思うんです。

セミリタイアは、働かないわけではありませんので、社会的な繋がりが切れることはなく、収入も少ないながら入ってきますし・・・

また、通常の労働時間を働くわけではないので、人間関係がそれほど濃くなりませんので、嫌な人間関係を回避する方法としてのセミリタイアはありだと思います。

最後に

ただ、セミリタイアすると、収入が少なくなる、世間体が悪くなるなどのデメリットもあると思いますので、その辺を許容できるかできないかで、セミリタイアをするしないの判断が分かれることになると思います。

確かに「セミリタイア=仕事から逃げているだけ」といわれたら、そうなのかもしれません。

しかし、逃げることが最良の策で、そのことで有意義な人生を生きられるのなら、それはそれでセミリタイアをする価値は十分にあると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク