悲しいかな人間らしく生きるには金が必要なんだよな。

スポンサーリンク

結局、金なんだよな。

人が人らしく生きるには「金」が必要となる。

そんなことは、誰にいわれるまでもなく、当然のこととしてわかっていると思う。

住む家、食べ物、水道、電気、ガス、着る物、家電、医療、ネット、スマートフォン、とにかく、ありとあらゆるものに金が掛かることになる。

ということは、悲しいかな人の人生は、金に支配されるということ。例えば、食べ物がなければ餓死するし、医療を受けられなければ病気で死ぬことになり、人生が終わることになる。

人の価値は金の大小で決まる?

さらに、金の大小でその人の価値も変わって来る。

それはに、100万持っている人より1,000万持っている人の方が価値が高いとされ、1,000万持っている人より1億持っている人の方が価値が高いとされる。

その価値が高いというのは、決してその人が優れているとかではなく(金を全く持っていなくても優れている人はいるという意味)、単なる金の多い少ないだけでの判断

そして人は、金を出してくれる人を敬い尊敬する。

金を否定する人は金を捨てればいい。

そして人は、金のために自分に非がなくても謝ることもするし、頭を下げることも土下座をすることもする。

そこで、金に支配されて虚しくないか?幸せか?という人もいる。

しかし、そういう人に限って、金のために動かされていることが多い。自分の貴重な時間を金稼ぎのために必死になっている。

もし、金なんかという人がいるなら、いっそのこと金など使わない世界に行ってみればいい。

どこかの土地で自給自足をして、テレビもラジオもネットもない、着る物もない、食うにも困る世界で生活してみればいい。そうすれば、いかに金があることの大切さ、金のありがたみがわかると思う。

金があるから人間らしく生きれる?

もちろん金より大切なものはある。それは自分の場合は、自分の命だったり、両親だったりするけど、それと同等に金も大切なんだよな。

金があるからこそ衣食住が満たされ、その他の欲求も満たされ、人間らしい生活を送ることができる。

金に自分の人生を支配されるのは嫌だけど、金に支配されているからこそ、満たされることも出来ることもたくさんあるということ。

そして、金があるからこそ、人間らしく生きれるというのもあると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク