私がNHKの受信料の支払いで無理やり自分を納得させた方法

スポンサーリンク

TSU752_oikegawa_TP_V

民法が有料なら?

民放は「無料」、NHKは「有料」、これは誰もが知っていることだと思います。

そして、放送内容が、民放もHNKも大して変わらないにも関わらず、民法は無料なのに、NHKが有料なのが納得できないというのがある。

例えばこれが、民放も有料なら?民放も有料なら、テレビを見るのだから仕方がないと思い、NHKと同様に、民放にも受信料を払うと思う。それが嫌ならテレビを見なければいいという話しになると思う。

NHKの受信料支払いを無理やり納得させる方法

テレビ自体を見ない人という人は、NHKの受信料を払う必要はないと思う。

しかし、テレビを見るという人は、NHKと枠でくくらず全てのチャンネルに対して受信料を払っていると思う。たまたま民放が無料なだけであって、無料も有料も含めてのテレビを見ることに対して、月々の受信料だと考える。私はそう思うことにしています。

例えば、日テレ、TBS、フジ、テレ朝、テレ東、全て無料ですが、そこにNHKも含めて受信料で割ってやれば6チャンネルあるとして、月にすると1チャンネル200円程度で見れるので、まあそれなら納得できるのかなと。

これは、納得できないこと無理やり納得させる方法です。

最後に

例えば、BSとかCSとかの衛星放送は、月々数百円~数千円取られるし、ニコ生などの生放送なら540円取られるしで、それを考えたら1チャンネル24時間見放題で200円は安いのかなと。

もちろん、NHKの受信料を払わなければ無料ですので、その方が良いとは思うのですが、どうせ受信料を払うなら納得して払いたい。その無理やり納得させる方法が、私の場合は上記に書いたことだということです。

ただし、本音は、当然NHKの受信料は払いたくないし、NHKを見ないのに受信料を払うのには納得していないです。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク