ネットカフェ難民なんて昔のことでしょ!?嘘のような本当の話し

スポンサーリンク

ネットカフェ難民とは?

数年前に流行った言葉、それは「ネットカフェ難民」という言葉

このブログを読んでいる人の中にも、そのネットカフェ難民という言葉を聞いたことがあるという人は多いと思います。

しかし、その言葉が流行ったのは数年前の話しで、今は全くといっていいほど耳にしませんので、もうそんな人は日本にはもう存在しないと思っている人も多いと思います。

そもそも、ネットカフェ難民とは何なのか?それは・・・

今まで過ごしていた自宅や寮などの住居を諸般の事情で退去させられ、24時間営業のネットカフェや漫画喫茶などをホテル代わりにすることで夜を明かして生活する人のこと。さらに、主に日雇い派遣労働と呼ばれる雇用形態で生活を維持している人を差します。

ネットカフェを利用する人の経緯など

昔は、ネットカフェや漫画喫茶や個室ビデオなどといわれる場所はありませんでしたので、 住む家がない人の多くが、24時間営業している「サウナ」や「健康ランド」などを利用したいたとのことです。

もしくは、1日2,000円前後で利用できる安宿を利用していたとのことです。

しかし、その後は、安く利用できるネットカフェが多く普及したことで、その多くの人が、そのネットカフェに移って行ったとのことです。

そこで、あるテレビ番組で、ネットカフェを24時間利用している人のことを取り上げ「ネットカフェ難民」と名打ったのが、ネットカフェ難民の語源の由来だといわれています。

ネットカフェ難民は、今でも存在する。

実は、今でもそのもネットカフェ難民は多く存在していて、私自信も実際にそのネットカフェ難民を何度も見たことがあります。

私は、たまにですが、仕事の帰りや休みの日にネットカフェを利用するのですが、そこにネットカフェ難民といわれる人がいます。

日中は、日雇いや派遣の仕事をして、仕事が終わると適当に時間を潰し、夜になるとネットカフェに来て、安いナイトパック(夜割)を利用して夜を明かす。

長時間滞在するとお金が掛かるので、早朝にはネットカフェを出て行き、どこかで暇を潰してからまた日中の仕事に行く。毎日その繰り返し。

また、日雇いや派遣は定期的に仕事があるわけではないので、仕事がない日は、お金があれば1日中ネットカフェで過ごし、お金がなければ外で適当に時間を潰します。

日雇いや派遣の給料は安くお金を貯めることができないので家を借りることはできない。家を借りられないから仕方がなくネットカフェで寝るという悪循環になっています。

最後に

そのネットカフェ難民になる確率は「2万人に1人」といわれています。一見すると低い数字に見えますが、しかし、これは国が知らべた結果で、実は、もっと多くのネットカフェ難民がいるといわれています。

これからは、所得格差が今以上に広がり、ネットカフェ難民も増える傾向にあると思います。

ネットカフェ難民とは、昔のことだと思いががちですが、実は、今でも多く存在していて、今後は増えて行くと予想されています。

スポンサーリンク