セミリタイア後にテレビやネットの時間が増える病気のリスク

スポンサーリンク

PAK853_kuukounoyousu14055811_TP_V

セミリタイアをすると病気になる?

セミリタイアをすると、セミリタイアをする前の普通に働いてるときに比べ、時間的に余裕ができると思います。

その余裕時間にしてしまうことは?それは、テレビを見たりネットをしたりすることだと思います。中には、読書なんて人もいるかと思います。

特に、自宅に引きこもりがちなセミリタイアになると、テレビやネットの時間は、セミリタイアをする前に比べかなり増えると思います。

テレビやネットで病気になる?

そこで、心配になることがあります。

それは、テレビやネットの時間が多い人は「肺塞栓症」(エコノミー症候群)になるリスクが高まるとの結果が報告されました。

肺塞栓症といわれてもピンとこないかもしれませんが「エコノミー症候群」といわれれえばわかる人も多いと思います。

そのエコノミー症候群でよくニュースなどで取り上げられているのは、飛行機の狭い空間に何時間も閉じ込められ、そしてエコノミー症候群になってしまったというのを聞くと思います。

最後に

テレビやネットも飛行機と同じで、同じ姿勢で長時間もやっていると、肺塞栓症になる確率が上がり、病気になってしまうこともあるとのことです。

そこで、もしテレビやネットを長時間見たりやったりするというような場合には、適度に休憩を入れ、体に負担が掛からないよう気を付ける必要があるそうです。

私自身も、仮にセミリタイアをしたとしたら多分ですが、テレビの時間は増えないと思いますが、ネットをする時間は確実に増えると思いますので、適度に休憩を入れ肺塞栓症にならないよう注意したいと思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク