年収300万円以下でも幸せになれる人なれない人

スポンサーリンク

YUKI_kodomookane15144623_TP_V

お金が多くあれば幸せになれるのか?

お金は、多くあるに越したことはないと思います。

また、年収についても多いに越したことはないと思います。

しかし、お金が多くあれば幸せになれるのでしょうか?

その答えは人それぞれだと思いますが、私の答えとしては、基本的には「幸せになれる」と思います。

お金が多くあるがゆえの不幸

ただ、そのお金が多くあることで不幸になる人もいると思います。

例えば、お金が多くあることで、必要以上に人が多く集りそのことでトラブルなどに巻き込まれる。

また、身内や親戚などにお金の無心をされ、そのお金を出さないことで逆恨みをされる。

見ず知らずの人から、あの人はお金持ちだと嫉妬されるなど。

お金を必要以上に多く持つことで、お金にまつわる嫌なことも多くなると思います。

下手にお金など持たない方が良い?

そこで、お金を多く持つことで、そんなトラブルなどに巻き込まれるぐらいなら「お金など持たない方が良い!」と思う人もいるかもしれません。

しかし、お金を持たない人からしたら「そんな悩みは贅沢だ!」というと思います。

それは、お金がない不幸は、経験したことがない人にはわからないことですから・・・

住む家がない、食べるものがない、着る服がない、そこまで貧困な生活をしている日本人はいないと思いますが、それに近い毎日のお金のことで四苦八苦しながら生活をしている人は多数いると思います。

そう考えると、やはりお金がないことは不幸だと思います。

最後に

持つ者、持たざる者、それぞれが悩むお金の問題

結局、お金が多くあっても、お金を持っていなくても、突き詰めるとそのお金の使い方が重要なのかなと思います。

そのお金の使い方次第で幸せになることも不幸になることもできる。また、気持ちのもちようで幸せにも不幸にもなれる。

お金ってそういうものだと思います。

だから、年収300万以下と年収が低くて不幸だと思えば不幸なんだと思うし、逆に年収が低くても幸せに生活していると思えば幸せなんだと思います。

スポンサーリンク