年収700万でも貧乏なプア生活の実態

スポンサーリンク

年主700万もプア生活!?

年収700万だと、月手取りについては「40万前後」(ボーナス考慮せず)にはなると思います。そして、その月40万があっても、貧乏なプア生活を送る人がいるという。

しかし、普通に考えて、月40万を使えるなら、それほど貧乏にはらなず、むしろ給料としては、日本の平均給料から考えると、高いというか多い方だと思います。

そして、私の年収の3倍近い年収をもらっておいて、貧乏だとかプアだとかこの人たちは何をいってるんだ!と思うのですが、しかし、年収700万でも貧乏でプア生活を余儀なくされているという。それはどういうことなのか?

実際の収入と支出の例

Aさんの例(40代・既婚・子供1人)

Aさんの月手取りは「48万」

生活費の内訳で大きいのは、住居費の15万、保険5万、教育費8万

月収の半分以上が、上記の3つで消えてしまい、ほとんど貯金はできないという。

Bさんの例(30代・既婚・子供なし)

Bさんの月手取りは「39万」

生活費の内訳で大きいのは、住居費12万、食費9万、雑費4万

年収が高いだけあって、休日出勤が多く仕事は激務、そのせいで激痩せしてしまったという。

Cさんの例(40代・既婚・子供2人)

Cさんの手取り32万

生活費の内訳で大きいのは、住居費13万、生命保険6万、教育費8万

とにかく、家のローンが大変で、貯金は常に100万にも満たない生活で不安だという。

最後に

上記の3人の共通点は、既婚者で、貧乏という割には、住居費などが高いということです。

上記を見て思うのは、お金がなくて貧乏だとかプア生活をしてるという割には、住居費が高かったり、生命保険が高かったり、食費が高かったりで、そこそこ贅沢な生活をしているということです。

生活が苦しいなら貧乏というならプアだというなら、もう少し住居費なりの生活費を落とせば、十分だとは思いませんが、貧乏ではない普通の生活が送れると思います。

そして、高収入でも貧乏だといっている人の多くは、当然のように贅沢をしてる現実があり、贅沢をしていて貧乏だとかプアだとかいうのは、少し違うと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク