年収1000万以上の人と年収300万以下の人の違いとは?

スポンサーリンク

90f47aa9e34746c29628700292b8a9cf_s

年収1000万以上の人と年収300万以下の違い

当たり前の話しですが、年収1000万以上の人は、年1000万以上の利益を出せる仕事をしています。また、年収300万以下の人は、年収300万前後の利益しか出せない仕事をしています。

これを自分のことで例えるならば、私の年収300万以下です。

そこで、今やっている仕事で、年収1000万万以上を目指せるか?といわれたら、それは無理な話しです。

なぜならば、その仕事を全力でやったとしても、会社に入る利益としては、年1000万以上とはならないですので、会社としても年収1000万以上は払えないということです。

これが、仮に1000万以上の利益を出せるような仕事をしていたら、年収1000万円以上をもらえると思いますし、もしもらえていなければ、年収1000万以上もらうよう交渉する価値は十分にあると思います。

そもそもの利益率が違う

時給1000円で1日8時間働いても、1日で受け取れる給料は8000円、週1で休んだとして、月にすると20万程度の給料となります。

しかし、なんでもよいと思うのですが、例えば、1台売れて10万の利益が出る車を1日1台コンスタントに売り続けている人は・・・

休みの日を除いても、月にすると200万前後の利益を出してるということになり、年収として1000万以上が可能ということになります。

要は、年収の高い人は、それ相応の高い利益を出せる仕事をしているということです。逆に、年収の低い人は、その年収に見合うだけの利益しか出せない仕事をしてるということです。

最後に

そこで、もし今の収入に満足できないなら、それなりの利益が出せる仕事に変わる必要があるということです。もしくは自営して、それなりに利益を出すかしかないと思います。

それはなぜかというと、上記にも書いてある通り、利益の出ない仕事をいくら頑張ってやってみたところで利益が出ないことは明白ですので、いくら頑張ってやったところで利益がでないのだから、年収も上げられないということです。

もちろん、頑張ったことにより多少年収が上がったりするかもしれませんが、年収300万の人が、同じ会社の同じ仕事内容を頑張ってみても、年収1000万以上になるのは無理な話しということです。

しかし、仕事には「得手不得手」「好き嫌い」などがあると思いますので、収入を上げたいと思い、実際その収入を上げようと仕事を変わったところで、収入が確実に上がるかといわれれば難しいことろだと思います。

スポンサーリンク