年収300万円時代の真実とはいかに?30代の平均年収などなど

スポンサーリンク

明るい未来が想像できない!?

今の政治家たちを見てどう思いますか?

将来に明るい希望を持てますか?

将来に明るいビジョンがあると思いますか?

その答えは、多くの人が「ノー」(No)と答えると思います。

30代男性の平均年収は?

現在の30代男性の平均年収は「300万円台」です。しかし、10年前は「500万台」でした。

たったの10年の間に、年収が「200万」も下がったということになります。

これは、酷いありさまだと思うし、いかに今の30代以降の人が、恵まれてないかということがわかると思います。

これでは、一生懸命に仕事をしようにもやる気が失せてしまうのも当然?

しかし、これは、30代の問題だけにとどまらず、年齢に関係なく、現在、仕事をしている多くの人が年収を下げられている現状があります。

現在は格差社会!?

30代男性の平均年収が200万も下がったということは、それだけ格差が広がったとうことになるのか?

それは違くて、格差が広がっているというよりも、むしろ格差が縮まったことによって、平均年収が下がったといわれています。

その格差が縮まったということは、どのようなことなのか?

以下に書きたいと思います。

その格差とは?

その格差とは、例えば、近隣の日本、中国、ベトナムを考えると、10年前は日本の1人勝ちでした。

しかし、10年後の現在は、その格差がなくなり、それに比例するように年収も下がったということです。

もっといえば、今まで安い人件費の差額で儲けていた日本が、中国やベトナムの人件費の高騰により、その差額で儲けられなくなってしまい、日本がその差額の利益が失い、それに比例するように日本人の年収も下がったということです。

誰でもできるような仕事は、別に日本でやる必要がなく、海外の安い労働力を使えばそれだけ安くなるわけですから、それに従い日本の労働賃金も下がったということです。

最後に

そこで、今後の日本で生きて行くにはどうしたら良いのか?

それは、誰でもできるような海外でもできるような仕事をしないこと。いかにして自分の労働力に付加価値を付け、他人にマネされない労働力を付けるかだと思います。それは、自分にしかない強みを持つということです。

しかし、その付加価値がある労働力を付けるのが難しいのであって、簡単にそのようなことができれば苦労はしないと思います。

生きるって難しいですね。

スポンサーリンク