年収が200万台と低くても普通に暮らす方法とは?

スポンサーリンク

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s

年収300万台の時代は終わった?

数年前までは「年収300万台の時代が来る!」また「年収300万台の人は負け組だ!」などといわれていましたが、今はどうでしょうか?

今の年収300万台は、確かに低いのかもしれませんが、それほど低くはない年収だと自分は思います。

その年収300万台の年収は、独り身なら普通に生活して、多少の蓄えもできる金額だと思います。

問題は年収200万台以下?

問題は、年収300万台より下の年収200万台以下の人だと思います。

そこで、自分を例に例えると、自分の年収としては「250万前後」になります。

その年収だと、独り身ですので生活する分にはできますが、結構な節約をしないと貯金にまで手が回せません。

普通に外食したり、普通に生活品を購入したり、趣味を楽しんだなどりするには、不自由になる金額です。

節約が大事

そこで年収200万台以下で普通に暮らすには、やはり「節約」が欠かせないと思います。

例えば、コンビニの弁当ですが、安いものもあるかと思いますが、普通の弁当を買えば500円前後もしくはそれ以上します。

これをスーパーや弁当屋で買えば、300円とか400円で買うことができます。さらに、自炊をすればもっと安くなると思います。

この1回の弁当だけで100円や200円の節約の積み重ねが、合計すると月にして数万の節約に繋がると思います。

安く買える場所を考える

それ以外の節約だと、洋服ならユニクロなどで安く済ますとか、生活必需品とかならディスカウントストアとかドラッグストアで買うとか、そういったことでも節約することができると思います。

要は、買い物をするときに1つ手間を加えて、安く買える場所で買い物をするだけでも節約ができるということです。

そこで節約は、とても辛いものだと思いがちですが、やりようによっては、それほど辛くもなくできると思います。

最後に

年収200万台でも普通に生活する方法はいろいろとあると思います。

しかし、これは「独り身」の話しであって、結婚していたり子供がいたりすると話しは変わってきて、その状態で年収200万台で生活するには無理に近いものがあると思います。

そこで、年収が低いのは「自己責任」の部分もあると思うので、年収を上げる努力はすべきだと思いますが、それはそれで難しい部分のあると思うので、年収が低いなら低いなりの生活をするしかないというのが今の現状なのかな?

スポンサーリンク