これが世代間年金格差の現実!?

スポンサーリンク

これが世代間年金格差の現実!?

見てはいけないものを見てしまった?

上記の画像を見た瞬間に見てはいけないものを見てしまった?そんな感じで、いかに昔の人たちが恵まれた年金生活をしているのかが見えると思います。

71歳と21歳の年金格差は、なんと!「5,330万」にもなり、いろいろと考えさせられてしまう構図になっています。

年金の支払額にも世代間で格差が!

今の国民年金の支払額は毎月1.5万円を超えます。しかし、今、国民年金をもらっている65歳以上の人たちの年金の支払額は、毎月1万も払っておらず数千円でした。

国民年金の支払額を見ると倍近く、もしくは世代によっては倍以上も違っているわけです。ということは、年金の支払額は少ないのに、支給される額は多い、年金はなんとも矛盾した支払い方法となっています。

無理に年金を払うなら生活保護の方が得策?

中には年金を全く払わずに生活ができないからと言う理由で「生活保護」で国民年金の支給額以上のお金をもらっている人もいます。

こうなってくるともう年金なんて破綻してて、国民年金やその手の年金などを払わずに、生活できなくなったら生活保護という流れで、要は貧乏とかお金がないなら年金なんて無理して下手に払わない方がいいってことになってしまいます。

将来の年金は消費税頼みになる?

将来的に年金は、年金未受給者2人で年金受給者1人をまかなわなければならなくなるなると言われています。

その理由は「日本の人口の減少」にあると言われ、今の1億2千万人から50年後は8千万人にまで減るといわれているからです。

結局、年金未受給者2人で年金受給者1人をまかなうなんて到底無理な話しで、そのまかなえないことによる不足の年金財源はどうするのか?それは「消費税を上げて対応する」と政府は画策しています。

最後に

年金は、今までが無造作にジャブジャブと払い過ぎてたんであって、なんでそんないい加減なことをやってきた人たちのツケを年金の支払額の上げや消費税などで、年金をもらってない世代が責任取らされなければいけないの?と考えるのが普通だと思います。

私の勝手な考えですが、払い過ぎていた年金は今更取り返しようもないと思うので、もっと相続税をガチガチに上げて年寄の遺産からその払い過ぎた年金分を回収すればいいと思うんですけどね。そんな簡単に解決できる問題じゃないか?

スポンサーリンク