私の年金は生活保護以下これではバカバカしくなるのも当然です!

スポンサーリンク

低資金セミリアイアには年金が重要

将来のセミリタイアを考えたとき、将来支給される年金の額がいくらになるのかは、とても重要なことです。

それは、支給される年金の額によって、セミリタイアをするための資産というか資金に違いが出て来るからです。

そこで、セミリタイアをしても、生活できるだけの年金をもらえるなら特に問題ないですが、年金だけで生活できないとなると、その分を上乗せしてセミリタイアをするための資金を考えなくてはなりません。

例えば、年金をもらっても月5万足りないとなると、寿命が80歳だとして年金支給が65歳だとすると「月5万×(80歳-65歳)=900万」、セミリタイア資金に900万を上乗せしなければなりません。

私の年金支給額

そこで、将来のセミリタイアに向け、65歳からもらえる年金額がいくらになるのかを試算してみました。

http://fukuoka.jpn.org/befree/index.cgi

試算してみた結果、65歳になってもらえる年金額は、60歳までずっと年金を払い続けると「年130万前後」、今から年金を全額免除すると「年95万前後」、こんな感じでした。

この金額を見て思うのは「生活保護」より低いということ。

バカバカしくなるのも当然

真面目に毎月欠かさず年金を払っても、もらえる額は生活保護以下、これでは年金を払うのがバカバカしくなるのも当然で、年金など払わず生活保護をもらった方がマシだということになると思います。

さらに、今後の年金の支払額は上って行く予定で、逆に、将来もらえる年金の支給額は下げられる予定です。

年金って、将来の老後の生活を保障してもらう代わりに、若いころからコツコツ払うのものではないのですかね?将来の老後の生活が保障されない年金って何なんですかね??

最後に

上記にも書きましたが、これならいっそのこと年金など払わずに、年金を払うお金は別のことに回してというか使って、いざお金がなくなったら生活保護を受れば良いのでは?と考えるのが普通だと思います。

真面目に年金を払い続けた方が、バカを見る日本って一体何なんでしょうかね?

自分たちの年金は保障されていない状況で、十分に年金をもらっている今の老人たちを食わせるために、せっせと年金を払い続けているのかと思うと何だかやり切れません。

とにかく、年金の問題に対しては、疑問ばかりが残ります。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク