年金というのは生きるリスクに対してかける保険!?

スポンサーリンク

年金=保険?

竹中平蔵氏いわく「年金というのは、生きるリスクに対してかける保険」とのこと。

それは「90歳まで生きるつもりでそこまでのお金を貯めていたけど、100歳まで生きちゃった。」というリスクにかける保険とのこと。

また「それは、自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。」とも記事に書いています。

これって暗に、年金の支給については、将来的に支給されない公算が大きいですよ!といっているのかな?考え過ぎ??

当時と今の違い

ところが、日本の年金制度は、老人の数が少ないときに気前よく全員に出してしまった。それがそもそもの間違い?

年金制度ができた、当時の日本人の平均寿命は「66歳」、そして今は、男性が「81歳」、女性が「87歳」まで伸びました。

当時と現在とでは、全く状況が違います。当時と比べ平均寿命が15歳も伸びましたので、当然といえば当然だと思います。しかし、今の年金の制度は、当時とあまり変わらない。

消費税を30%にしても破綻!?

今65歳から全員に年金を給付していたら、実は、消費税を30%にしても、将来的に年金は破綻するとのことです。

そこで、年金給付年齢を引き上げるとか、消費税増税をいい出すと「弱者切り捨てだ」などと、世論がパニックになってしまう。

過去には、消費税を増税したことで、簡単に政権が交代してしまったぐらいですので、当然猛反対を食らうと思います。

誰だって、税金を多く取られるのは嫌ですからね。また、年金の受給年齢だって、引き上げられたら、将来の年金をあてにしていた人は、老後破綻じゃないけど、破綻する人も将来的に多数出て来ると思います。

年金をあてにするのはリスキー?

私は、20歳のときから年金を払っていますので、その年金については、当然もらえるというか、もらう義務があると思っていますが、その金額については、あまりあてにはしていません。保険で払っているという意味もあります。

ですので、上記の「年金というのは、生きるリスクに対してかける保険」という記事をその通りだなと思って読んでいました。

私のセミリタイアについては、そんなことはないと思いますが、仮に年金支給が0円だったとしても、男性の平均寿命の81歳までは、生きられるだろう資産を考慮して考えています。

将来の年金支給がどうなるかわからない今、私は年金支給をあてにしている部分もありますが、あまりあてにし過ぎるのは、少しリスキーだなと感じています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク