年金を払っていない人になぜ年金を払わないのか聞いてみました!

スポンサーリンク

なぜ年金は払わないのか?

昨日の話しの続きになってしまうのですが・・・

URL:やっぱ「セミリタイアしてます!」って胸を張っていいづらいわな。

その無職の人は「年金」(国民年金)を払っていません。正確には、年金を「全額免除」していますので、払っていないというのとは、少々違うと思いますが・・・

そこで、なぜ年金を払わないのか?免除にしているのか?それを聞いてみたところ・・・

無職には月々1.5万の支払いはキツイ

その無職の人いわく、そもそも年金の月々1.5万以上を払うのが無職にはキツイ

それと、将来的にどうなるかわからない年金に対して、わざわざ生活をキツクしてまで、月々1.5万以上も払いたくないという。

また、将来的に、年金の支払いが今と同じように保証されているなら、もしかしたら払うかもともいっていいました。

確かに、無職でもそれなりに貯蓄などがある人は、月々1.5万の年金を払っても生活できると思いますが、無職で貯蓄がない人にとっては、月々1.5万を払うのは厳しいと思います。

私は免除するつもりはないですね。

そんな私は、現在は働いていますので、半ば強制的に年金は払っています。また、セミリタイアをしたとしても免除などはぜず、全額払うつもりでいます。

それはなぜか?それは、住む家があって、ご飯が食べれて、好きなことができて、という今の環境は、日本人に生まれて来たからこそ出来ることだと私は思っています。

ですので、そのような環境を与えてもらっている日本人として、年金の支払いは義務ですので、免除せず全額払うつもりでいるということです。これは、私の勝手な個人的な考えです。

また、将来的にセミリタイアをしたら、年金を貰うこともを考慮してるというのあります。

その年金については、全額免除や半額免除などの制度がありますので、年金の支払いがキツイなどという人は、そういったものを利用すれば良いと思います。

最後に

ただ、免除もせず年金も支払っていないという人も中にはいると思います。

しかし、そういった人に対して「年金の支払いは義務なんだから年金を払え!」など、とやかくいうつもりは私はないです。それは、年金の制度自体に問題があると思うからです。

その問題とは、真面目にコツコツと40年も年金を払い続けても、国民年金の場合、支給される額は生活保護以下という、それは間違いだと私は思っています。それ以外にも年金制度には問題があると思いますが、今回は省略します。

とにかく、真面目に働いて真面目に年金を払った人がバカを見る制度は、制度として間違っていると私は思っています。真面目な人が損をする世の中には絶対になって欲しくないですね。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク