人は寝ないと死ぬの!?睡眠時間などについてあれこれ

スポンサーリンク

人は寝ないと死ぬの!?

人は、5日間も眠ないでいると、立ったままでも勝手に眠ってしまうそうです。それは、脳や体内などが勝手に停止状態になってしまうそうです。

また、寝ないことは健康を害する恐れがあり、とても危険なことだといわれています。ただ、人が寝ないことで、即死に至るということはないそうですが・・・

しかし、ラットなどの小動物の場合は、睡眠を10~20日前後遮断した場合には、死に至ってしまうそうです。

それだけ、人も含めた動物にとって、睡眠は重要だし大切だということです。

睡眠不足の人は年収が低い!?

そして、睡眠不足を常に続けていると健康だけでなく、仕事にも支障が出てしまい、睡眠時間の少ない人は往々にして、年収が低くなる傾向があるそうです。

そこで、睡眠不足の人が睡眠時間を多くすことで、年収が増えたという人がいるそうです。

それは、睡眠時間が多くなったことで、仕事に集中できるようになったためで、その結果として仕事が認められ年収が増えたそうです。

では、どれだけの睡眠時間を取ればいいのかという問題ですが・・・

どれだけ寝れば良いの?

一般的な話しとして、1日の睡眠時間は「7時間前後」が良いとされていますが・・・

しかし、その1日の睡眠時間の7時間が良いというのは、誰にでも通用するという、確証的というか実証的なデータではありません。

それは、十分な睡眠時間というのは人により違いますので、1日4時間でもよく寝たと思う人もいれば、1日8時間寝ないと睡眠不足だと感じる人もいるからです。

要は、人により十分な睡眠時間は違いますので、一概に「〇時間寝なさい!」などの睡眠時間を断定することはできないということです。

睡眠時間が多ければ良いってものではない!

また、単に睡眠時間を多くすれば良いのかといれると、そうではなく・・・

睡眠時間を無理に増やすことで、体がダルい、頭がぼーっとする、寝過ぎで体調が悪いなどを訴える人もいます。

それ以外にも、睡眠の「質」も重要で、浅く多くの時間を眠るよりも、短い時間でも深く眠った方が、睡眠としては良いとされています。

そこで、どうしたら深い睡眠ができるのかということで・・・

深い睡眠などについて

深い睡眠をするには、部屋を暗くして、室内の温度を涼しくするのが良いとのことです。

そして、寝る3時間前から食事は避け、23時頃には寝ている状態で、1日の睡眠時間が7時間前後、それが「理想の睡眠」だといわれているそうです。

しかし、時間の制限が多い現代人が、その理想の睡眠を常に確保するというは、難しいという人も多いと思います。

そこで、上記の理想の睡眠を知ることで、常にその理想の睡眠に近づけるように睡眠を確保することで、仕事も健康も守れるのかなと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク