叩かれて当たり前!?生活保護のリアルな実態とは?

スポンサーリンク

どうせ働く気がないんでしょ?

生活保護と言われると、毎日のようにパチンコや競馬をしてキャンブルで遊んでいる。朝から酒を飲んで酔っ払っている。

また、働いていないのでやることがなく暇で、家でテレビを見たりネットをしたりで、一日中ゴロゴロしている。

何かと理由を付けては、働かない口実を作り、生活保護を受給して暮らしているという人を想像すると思います。

そして、そういった人も中にはいるのかもしれませんが、生活保護のリアルな実態としては、違う現実もあるとのことです。

特殊な病気を患い働けないAさん

例えば、ある生活保護受給者のAさんは、2万人に1人という特殊な病気を患い働けなくなってしまいました。

そこで、働けなくなったことで生活保護を受給するようになったのですが、特殊な病気にかかっているとはいっても、見た目は普通の人となんら変わりありません。

そこで、昼間に外を出歩くと近所の人からは偏見の目で見られることなどがあり、まともに外出することもできないそうです。

また、働きたくても特殊な病気ですので、定期的に病院に通う必要があり、病院に行くたびに仕事を休むこともできず、そのことで働きたくても働けないそうです。

歩くこともままならず働けないBさん

またBさんは、仕事をしてる最中に腰を痛めてしまい、そのことで歩くこともままなくなり生活保護を受給することになりました。

そして、約13万の生活保護費から、家賃、水道光熱費、食費などを支払うと、手元に残るお金はほとんどないとのことです。

そこで、好きな映画を見たいがために、生活費を切り詰められるだけ切り詰めて、やっとのことで映画を見に行けるそうです。

それでもお金がないのでたまにしか映画を見ることには行けず、楽しみが全くない状態で、ほぼ食べて寝てを繰り返すだけの毎日となっているそうです。

本当は働きたい!しかし、働きたくても歩くこともままなりませんので、そのような状態ではどの会社も雇ってはくれないとのことです。

叩かれる生活保護

不正受給などのニュースが流れると、やましいことのない普通に暮らしているだけの生活保護受給者にもとばっちりが行き叩かれることになります。

しかし、不正受給のようなことをしている人はごく一部の人で、多くの生活保護受給者は、真面目に暮らしてると言います。

そして、生活保護の多くは、働きたいと思っていると言います。

しかし、現実はそう甘くはなく、普通の人が普通に働くのでさえ大変な世の中なのに、ましてや病気や精神的な弱さを持つ生活保護となると、働きたくても働けないというリアルな現実があるそうです。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク