20秒10円! 国が設置した課金制「マイナンバーコールセンター」に苦情殺到!!

スポンサーリンク

20秒10円! 国が設置した課金制「マイナンバーコールセンター」に苦情殺到!!

34fcdc8551a913871758ce677464dd37_s

マイナンバーコールセンターが20秒10円ってなんで?

国勢調査」のときもそうだったんだけど、国策でわからないことを問い合わせるのに電話を掛けて、何で「20秒」おきに「10円」も課金されるんだ?ある意味これって税金の2重取りなのでは?と思うわけです。

事前にわかるように「マイナンバー制度とはなんぞや?」と告知なり通知なり説明なりを十分にしないことを置いといて、何とかなるさ的な感じで適当にマイナンバー制度を始めるからわけがわからない人からコールセンターに問い合わせが殺到する羽目になる。

結局、国のやることって何でもそうなんだけど、見切り発射的な感じで、いつも事前準備が足りないと思うんです。

そんなマイナンバーコールセンターに電話を掛けると・・・

電話を掛けると最初に
ナビダイヤルにおつなぎします。20秒ごとに、およそ10円でご利用頂けます。

続けて
音声ガイダンスに沿ってご希望の番号を押してください。

これで担当者に繋がるかと思いきや
順番におつなぎしますので、しばらくお待ちください。

アナウンスされて保留音に切り替わり
ただいま回線が大変混み合っております。改めてお掛け直しいただくか、このままお待ちください。

担当者につながらないんだが!

マイナンバーコールセンターにイライラ

ここまでの通話時間は約2分、掛かった通話料はおよそ60円、なんでコールセンターに繋がらなくて60円も取られるんだ?との指摘

結局、イライラと通話料だけが積み重なり、電話がつながらず積み重なる利用料金で嫌になり電話を切るハメになる。その結果、マイナンバーコールセンターには苦情が殺到!これがマイナンバーコールセンターの現在の実態です。

マイナンバー制度が導入されることを知っている人はいれど、マイナンバー制度が果たして何なのかを知らない人はかなり多いと思います。そこで不安になってマイナンバーコールセンターに問い合わせが殺到する。

最後に

そんなマイナンバー制度を詳しく調べようと思ったら、今やネットで調べるぐらいしか方法はないと思います。

では、ネットを使えない人はどうするのか?新聞や雑誌などで取り上げられ軽く説明をしていたりしますが、それでも日本国民の全ての人が見ているわけではないので、マイナンバー制度を理解できない人があぶれる構造になっています。

結局、マイナンバー制度のことをわからない奴のことなんて知るかよ!わからないなら自分で調べろよ!わからない奴のことまで面倒見れるかよ!国策なんだから文句言うんじゃねーよ!みたいな感じで、国はそういう対応しかできないんでしょうね?

スポンサーリンク