世の中には「お金に無頓着な人」が多いと思いませんか?

スポンサーリンク

誰でもお金のことを考えている!?

私は「お金」について、多くの時間を考えています。

それは、どうやったらお金が多く貯まるか?何か儲け話しはないか?株で儲けるには?アフィリエイトで儲けるにはどうしたらいいのか?などです。

また、ネットで近所のスーパーのチラシを見ては、今日はスーパーで安売りしてるから買い物に行こう。家電が欲しいけど、今は必要ではないので我慢しようなど。

そして、安売りや我慢して浮いたお金をセミリタイア資金に回しています。

お金を貯めるだけじゃ詰まらない!?

ただし、お金を貯金に回すだけでは人生が詰まらないと思い、昔はほとんど行くことのなかった好きな旅行に、最近では数か月に1度行くようにしています。

とはいっても、毎回安いカプセルホテルに泊まるという、超セコセコな旅行なんですけどねw

URL:キャビンの旅行日記

また欲しいと思う物は、まず他の何かで代用できないかと考え、それが無理とわかれば、お金の問題で買うのを先送りすることはありますが、必要以上に我慢することなく買うようにしています。

お金は使うためにある?貯めるためにある?

結局、やりたいことをしようと思えば、必ずといっていいほどお金が必要になる。そのためには、お金を貯める必要があるということです。

中には「お金よりも大切なモノがある!」「お金なんて必要以上に貯めてもしょうがない!」などという人がいますが・・・

しかし、そういった人に限って、お金に無頓着な人が多いような気がします。

お金に無頓着とは、欲しい物があると我慢できず、お金がなくてもその欲しい物を買ってしまう。また、収入が少ないのにローンなどを組んで、高い買い物をするなどです。

お金がない悲惨さ

私は今まで、お金がないのに無理にローンなどを組んで、最終的にお金がなくなり、離婚したり、マイホームを売ったり、車を売ったりなどで、自滅した人を何人も見ています。

一例ですが、無理に借金してマンションを買ったものの、会社が突然倒産してしまい無収入になってしまい、お金がなくなりうちにお金の借りに来た親戚がいました。

そして、家族そろって私の両親に「お金を貸してください。お願いします。」といい、土下座をして数十万ほどお金を借りた光景を今でも鮮明に覚えています。

その光景を見て思ったのは、お金を借りる方(親戚)も貸す方(両親)も、決して良い気持ちにはならず、悪い気持ちになってしまうということです。

最後に

お金は大切ですので無駄に使うことなく、貯められるときは貯めた方が良いと思います。それは誰もが思うことだと思います。

そこで、返す当てもないのにローンなどを組んで、借金するというのが一番ダメなパターンだと思います。

どうしてもお金を使う必要があるなら、まずはお金を貯めてからと思うのですが、それって普通の考えだと思うのですが、それとも私がお金に拘り過ぎなのでしょうか?

世の中には、お金がない悲惨さを知らないというか、お金に無頓着な人が多いと思う今日この頃という話しでした。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク