日本人が投資をしない理由とは投資は儲からないから!?

スポンサーリンク

日本人は投資をしたがらない!?

他の先進国に比べ日本人は、投資をしたがらない人が多いと言います。それは、なぜなのか?それは「投資は儲からないもの」だと認識されているからです。

その証拠に、若い人は別だと思いますが、ある程度の年齢のいった人に投資をしているのか聞いてみれば、結果は明らかになると思います。

その結果とは、ほとんどの人が投資をしていないと言うと思うからです。

それは、上記にも書いたように「投資は損するもの」「投資は危険」「投資は儲からない」などの認識が根底にあるからだと思います。ならば、投資などせず貯金でもした方が安全だしマシだと思う人が多いのでしょう。

車やマイホームも投資だと思うのですが・・・

しかし、日本人は、簡単に車を買ったりマイホームを買ったりする人が後を絶ちません。

それは、車やマイホームを持つことは日本では「ステータス」で、それが世間的に信用や信頼に繋がり良いことだとされているからです。

しかし、車やマイホームを買うことも、ある意味同じ投資だと思うのですが、そのことを投資だと理解する人は少ないと思います。

そして、車やマイホームに投資をしたとしても、現状ではほとんどの場合は、買値よりも価値が下がることになると思います。

同じ投資なのに善と悪に分かれてしまう。

例えば、株に投資をして下がれば、やっぱり株は儲からないものだし悪いものだと認識されてしまう。そして、周りの言う通り「株などやらなければ良かった!」と言うことになると思います。

しかし、車やマイホームが買値より価値が下がったとしても、それは当然のことで当たり前のことだとされている。

お金の価値としては同じだし、株も車もマイホームも同じ投資だと思うのですが、損をしたり価値が下がったりしても、一方の投資は悪いことで、一方の投資は当然のことで悪くないと認識されている。

この両者の違いが、私にはよくわかりません。

日本人の悪い癖

結局、日本人は横並びで、周りが良いというものは良いし、悪いと言うものは悪いとなってしまい「投資=儲からない=悪い」となってしまっているのだと思います。

特に、バブル期を経験している人は、バブル期に羽振りが良く、バルブ崩壊後に沈んでしまったという人を多く見ていると思いますので、そういったこともあり、投資は儲からないとの認識なのでしょう。

これはセミリタイアにも言えることで「働かないこと=悪いこと=セミリタイアは認識されない」との図式が少なからずあると思います。

そして、投資をすることが良いか悪いかは別にして、投資をすることが悪いと横並びで考えてしまうのは、日本人の悪い癖だと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク