もしものとき路頭に迷わない貯金額とは一体いくらなのか?

スポンサーリンク

もしものときの貯金額

もしものときに備え多くの人は、多い少ないは別にして、多少なりとも貯金をしていると思います。

しかし、もしものときの貯金といっても、もしものときの貯金額が一体いくら必要なのかを把握している人は少ないと思います。

私自身も貯金をしていますが、それはセミリタイアのことだけでなく、もしものときのことを考え貯金をしている面もあるのですが、もしものときの貯金額を把握して貯金をしているわけではありません。

そこで、もしものときの貯金額とは、一体いくらになるのかということなのですが・・・

1年間無収入でも生活できる貯金額

そのもしものときの貯金額とは・・・

それはズバリ!「1年間無収入でも生活できる金額」なんだそうです。

それは例えば、私なら月10万もあれば、余裕を持って生活できますので、年間にすると「120万」もあれば、もしものとき路頭に迷わない金額になるということです。

そして、私よりの生活費が多い人は、多くのもしものときの貯金が必要になるし、私より生活費が少ない人は、もしものときの貯金が少なくて済むということです。

また、自営業などの人は「生活費+運転資金」ということになりますが、当然、自営を辞めれば運転資金は必要ありません。

なぜ1年なのか?

なぜ、路頭に迷わないもしものための貯金額が、1年間の生活費なのか?

それは、仮に無職などになってしまい無収入になった場合、その生活を立て直すためには、長く見積もって1年ぐらい掛かるだろうという試算からのことだそうです。

そういわれてみると、もしものための貯金額が、1年間という期間に納得ができる部分もあると思います。

そして、もしものための貯金額が1年間の生活費とは、あくまでも路頭に迷わない「最低」の貯金額だということで、多ければ多いに越したことはないということです。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク