あなたがセミリタイアする目的は何ですか?目的の重要性

スポンサーリンク

あなたがセミリタイアする目的はなんですか?

あなたがセミリタイアする目的はなんですか?

そんなことを聞かれたとしたら、私なら迷わず「仕事の時間(負担)を少なくするため!」それは「仕事が大嫌いだから!」と答えると思います。

それ以外にも、セミリタイアしたら趣味などやりたいことがたくさんあるのですが、そのためにセミリタイアしたいというのもあります。

しかし、やりたいこと以上に私がセミリタアイアしたい一番の理由というか目標というか目的は、まずは、嫌な仕事から精神的に解放されたというのがあります。

現在の労働環境

現在の仕事は、平日1日8時間労働、これに通勤時間や休憩時間なども含めると、仕事のために1日11時間以上拘束されるわけです。

さらに、常に連絡が取れるように会社の携帯を持つことを強要され、会社で何かがあれば、勤務時間以外でも携帯に電話が掛かってきて、会社に呼び出されたりすることもあります。

要は、現在の労働環境は、平日・休日に関係なく24時間常に、仕事のことを少なからず考えさせられながら生活を送っているということです。

また、1日のスケジュールを考えると、仕事で11時間以上を使い、そこに睡眠や食事や風呂などの時間を足すと、自由に使える時間としては、1日2~3時間程度しかありません。

1日に使える時間は2~3時間!?

せっかくこの世に生まれて、さらに裕福であるといわれる日本人として生まれて来たのに、1日に使える時間は足ったの2~3時間、これってどうなんだろうと思うわけです。

そこで、その2~3時間の自由時間をもっと多くするにはどうすればいいのか?それは、今の仕事の時間を減らすか、睡眠時間を削るしか方法はありません。

しかし、睡眠時間を削れば健康を害する恐れがあります。ということは、仕事の時間を減らすことでしか、今以上の自由な時間を手に入れることはできないということです。

そこで考えたのが「セミリタイア」ということです。

1日に使える時間を増やすには?

セミリタイアして、今まで社員で働いていたのをバイトにシフトチェンジして、1日8時間労働を3~4時間にするとか・・・

もしくは、1日8時間労働だったとしても、月・水・金の3日だけ働いて、今より休日を多くするなどすれば、今まで1日2~3時間しか使えなかった自由時間が・・・

それが、1日4~6時間使えるなど、2倍3倍に自由時間が増えるということです。

しかし、そこには大きな弊害があって、労働時間を減らすことで「大幅に収入が減ってしまう」という大きなデメリットがあります。

最後に

仕事は嫌だけど、ある程度の収入は欲しい。仕事で多くの時間を拘束されるのは嫌だけど、自由な時間がもっと欲しい。そんなことは、単なる都合の良い話しだとわかると思います。

そこで、自由な時間を増やす方法は「労働時間を短くすること」で、それでセミリタイアしたいのですが、それを実行すれば、当然収入は少なくなります。

しかし、収入も得たいし時間も欲しいの両方を手に入れるのは難しく、どちらか一方を選択するしかありません。そこで私が選択したのは、自由な時間を選択したということです。

私は、セミリタイアという目的があることで、嫌な仕事を頑張れる。また、セミリタイア後は、自由な時間を手に入れやりたいことをする!という目的のために今を生きています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク