身近にセミリタイアした人がいないのは世間体が問題だから!?

スポンサーリンク

身近にセミリタイアした人がいない!

私の周りを見渡してみると、セミリタイアした人っていないんですよね。それとも、セミリタイアしたことを隠しているのでわからないとか?

もちろん、定年退職でリタイアした人はたくさん知っていますが、40代とか50代とかでセミリタイアした人は、私の身近にはいませんし知りません。

それって、なぜなんでしょうか?どうしてなんでしょうか?

そこで、いろいろ理由を考えてみると「世間体(せけんてい)が悪い」というのが、大きな理由の1つだと私は思っています。

無職などは批判する格好の餌食!?

私の親や親戚や知り合いなどの話しを聞くと、出てくる話題の多くが、誰がどんな仕事をしているかということです。

それは例えば、Aさんは公務員をしている。Bさんは家の仕事を手伝っている。Cさんはバイトをしている。Dさんは無職で仕事をしていないなど・・・

とにかく、知り合いや世間の多くの人は、自分の周りの人たちが、どんな雇用形態でどんな仕事をしているのかが、とにかく気になるらしく・・・

そして、正社員ではない、無職やバイトやパートなどの人のことを差して、あからさまに批判しています。

無職などが批判される内容

その批判している内容とは「何で働かないんだ?」「無職で毎日何をしてるんだ?」「いい歳してバイトとか恥ずかしくないのか?」など・・・

また、働き盛りの30代や40代やにも関わらずバイトで収入が少なく、そのため親と同居している人を差して・・・

いつまでも親のスネをかじっているとかダメだろ!などと、そんなことを陰でいっています。確かに、言いたいことというか言っていることは、理解できるしわかります。

ただ、人それぞれいろいろな事情や理由などがあると思いますので、無職やバイトなどはダメで正社員だけが認められるというのは、少し違うのかなと思います。

最後に

日本では、60歳まで働くのが当たり前のことで、それをしない人は「ダメ」のレッテルを貼られてしまいます。

とにかく、世間の考えは「働いてない人は許せない!」「働くのが当然だ!」ということで、働くことが「善」で、働いていないことが「悪」になってしまいます。

その2つの善悪で、悲しいかなその人のことが判断されてしまいます。

そして、セミリタイアして働いていない、もしくは働きが少ない人を差して、世間では「悪い」となってしまうのが、今の日本の世間体だと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク