貧困拡大社会「見過ごされた人たち」を見て思う低所得者の実態

スポンサーリンク

貧困拡大社会「見過ごされた人たち」

少し前に下記の内容の記事を書かせて頂いたのですが・・・

URL:今や年収は200万台が当たり前の時代なのか!?

今や年収としては「200万台」が通常(普通)で、節約しないと普通に生活するにはとても厳しい状況となっています。その様な中で「低所得者」と言われている人たちの年収は一体いくらなのか?などを下記に書きたいと思います。

低所得者(ワーキングプア)とは?

基本的(一般的)に、低所得者(ワーキングプア)の年収の基準としては、年収が「300万円以下」となっていますが、実態は少し違うようです。

その実態としては、単身(独身)の場合「年収100万以下」、夫婦の場合「年収135万円以下」、夫婦子持の場合「168万円以下」、これが低所得者の実態になるそうです。

低所得者はこれからも増えて行く?

ちなみ年収としては、低所得者と言われている年収300万円以下の人の割合が一番多く、現在のところ「4割以上」の人たちがこれに該当していて、これは、これからも増えていく傾向にあります。

正確な数字としては、平成24年の全給与所得者で、年収300万円以下の人の割合は「41.0%」だったそうです。これは、前の年に比べ「0.2%」増加していて、これからも増えて行くだろうと予想されています。

低所得者と生活保護

低所得者と言われている年収300万の人が生活保護を受けようと思ったら?年収が300万もあるんだからと「余裕」で断られると思います。低所得者なのにです。

低所得者なのに生活保護を受けれない。一方で、働けるのに働かずして生活保護を受けている実態もある。生活保護って一体何なんですかね?

上記の動画を見ると生活が困窮(こんきゅう)しているにも関わらず生活保護を申請しても受けれない人もいる状況もあるようです。生活保護は、低所得で苦しい思いをしている人たちのために使ってこそ初めて役に立つ制度だと思うのですが・・・

最後に

低所得者になったのは「努力しなかったお前の責任だろ!」と言ってしまえばそれで終わりなのかもしれません。しかし、人にはそれぞれ事情があり努力の一言だけでは片付けられない問題だと思います。

低所得にならないような救済処置、例えば、働く場を与えるとか、当面の生活資金を貸すとか、生活を支援するとか、今後、何らかの制度を考えないと、低所得者は見過ごされるばかりで、増えることはあっても減ることはないと思います。

スポンサーリンク