日本人は長期投資には向かない信念がない民族なんだそうです。

スポンサーリンク

今日の日経は「1,343円高」と「21年7ヶ月」ぶりの高値で引けました。

6e6c52463e5f3acb026849c76314be36_s

私は株というか相場を見続けて10年以上が経ちますが、1,343円高と日経がこんなに高い上げを見るのは初めてのことです。まあ、これは21年7か月ぶりのことなので当たり前のことなんですけどね。

それにしても比較的安定している日経なのに最近は乱高下が激し過ぎ。新興市場かと思うほどの乱高下相場で目まぐるしく変化し過ぎです。

これだけ上がると明日は下げるんじゃないのかと思うも、今までの下げが大きかったので明日も続けて上がるのでは?と思う今は疑心暗鬼の相場

今の相場は、株価が下がると中国の介入で上がる。毎回その繰り返しでとにかく中国頼み。結局、中国の介入待ちで、介入がないどどんどん下げる一方で、こんな相場は見たことがないというか異様だと思います。

この疑心暗鬼相場は、特に日本人には向かないそうで、向かないというのは具体的に言うと日本人は長期投資に向かない民族だそうで、日本人は一端株価が下げ始めると簡単に持ち株を売ってしまう人が多い民族なんだそうです。

もっと言うと日本人は株などの長期投資に対して考えが「軽い」そうです。「信念がない」とも言われているそうです。

スポンサーリンク