面接でいわれた「別に働かなくていいんじゃないですか?」の言葉

スポンサーリンク

別に働かなくていいんじゃないですか?

別に働かなくていいんじゃないですか?は、私が言われたことではなく、ある女性が仕事の面接に行ったとこ・・・

面接担当者から「別に働かなくていいんじゃないですか?」といわれたそうです。

それは、彼女が「既婚女性」だったから。養ってもらえる旦那がいのるなら、何も働く必要はないんじゃないの?と思っての言葉で、素直に疑問に思ったから出た言葉だと思います。

その後、その面接担当者は、その他にもその女性に対してネガティブな質問を多数投げかけたそうです。

面接はいろいろなことを聞かれるのが常?

そのことに対して彼女は「面接早々にそう言うなら、書類選考を通過させなかったらよかったのに」「不快に思います。ひどい会社です」といっていたそうです。

確かに、彼女からしたら酷い面接担当者だったのかもしれません。

しかし、面接ではいろいろなことを聞かれるのが常です。それは、良いことも悪いことも含めて、面接に来た人の人間性や仕事感などを少しでも知りたいからです。

また、別に働かなくてもいいんじゃないですか?と聞いた背景には、本当に働く意思があるのかを確認するために聞いたことなのかもしれません。

面接なんで所詮そんなもん?

上記の記事について、面接を受けてもし嫌だとか不快に思うなら、その会社に行かない選択もできるわけですから、それほど怒ることなのかと私は感じました。

さらに、そんな面接担当者に対して、嫌だとか不快だといいながら、最終的に「不採用」になったことを悲しく思っている彼女、私にはその感情がわかりません。

今まで多くの面接を受けたことがある私から言わせてもらえば、面接なんて所詮そんなもんだと思います。相性とかタイミングなどがあるのが面接だと思います。

そして、良いことだけを並べる面接担当者もいれば、キツイことを何度も聞いて来る面接担当者もいます。面接に、そのどちらが良いとか悪いとかはないと思います。もちろん、いくら面接だからといっても「非常識」なことを聞くのは、問題があると思いますが・・・

最後に

人それぞれ考えや好みや思いなど、そのどれもが人により違うわけですから、自分と合わな面接担当者がいるのは、それはそれで仕方がないことだと思います。

その合わない面接担当者から面接で少しキツイことをいわれて、そのことで一喜一憂していては、本当に働く意思があるの?と思わざるを得ないと思います。

そして、自分に合う会社を探すのが面接だと思いますので、合わないと思った会社の文句などいってる暇があるなら、次の会社の面接対策だったりを少しでも考えた方は良いのでは?と、私は思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク