舛添都知事の退職金4年で1億円!そこまでして金貯めて何がしたい?

スポンサーリンク

舛添都知事 私的流用疑惑

私的流用疑惑への説明を先延ばしにしている舛添都知事

第三者の厳しい目で調査してもらうと選任した弁護士2人の調査待つ方針を楯に、疑惑に対する全ての説明を避けている状態

そこで「誠に不徳の致すところ」と謝罪しているものの辞任については否定しています。

私的流用あれこれ

・豪華なホテル
・航空機のファーストクラス
・高額な出張経費
・公用車での別荘通い
・私的な飲食や買い物など

ちなみに、出張でファーストクラスで向かった一度の出張で「5000万円」もの公費を使ったことも報じられています。

これが本当なら、完全に金銭感覚がマヒしてると思う。

そこで「政治家の常識は、世間一般の非常識」という言葉が出て来るのだと思います。

舛添都知事の経歴

東大を卒業後、東大の助教授、海外の客員教授からもう一度東大の助教授、後に参議院議員から都知事になる。

経歴をざっと見ると、通常の「企業」というところに就職した経験がなく、世間一般の会社で働くということを全く知らず、そのままに今に至ってしまったように見れる。

そこで、口では大変だといいながらもお金を稼ぐごとがいかに大変なことかを知らない人なんでしょう?また、お金の価値も差して知らない人なんだろうな?と思った。

こういった会社経験のない頭でしか物事を考えられない人を都知事にしてしまった責任は重いと思っています。

都民投票

都民の投票で都知事になったのだから、辞任の有無も都民の投票で決めるべきなんじゃないの?と思う。しかし、それをしようと思えば莫大なお金が掛かることになる。

舛添都知事を存続させても東京のイメージが悪過ぎるだけだし、かといって、辞めさせても後の選挙などで莫大なお金が掛かる。

どうすればいいんだろうね?

最後に

舛添都知事が、都知事の任期(4年)を終えるとその退職金は「1億円」になるそうです。

大手企業に入社して定年退職するまで35年以上も働いてもらう給料の総額は2~3億円といわれています。

そこで、舛添都知事が都民から感謝されて任期を終え1億もらうなら誰も文句をいわないと思います。しかし、今の状況で1億円をもらったら?非難殺到だと思います。

お金を必要以上に貯め込んだって、どうせあの世にまでは持っていけないんだからさ、そこまでしてお金を貯め込んで何がしたいの?って思うんですけどね。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク