小説家より漫画家の方が稼げる?セミリタイア後の副業に漫画家はどう??

スポンサーリンク

小説家より漫画家の方が稼げる?

有名なマンガ「美味しんぼ」の漫画原作者「剣持氏」によると「小説家」よりも「漫画家」の方が稼げるとのことです。

それは、ピース・又吉氏の「火花」が「200万部」の大ヒットを記録しましたが、小説で100万の大台を超えるようなヒット作はごくわずかです。しかし、100万部を超える漫画は多数あるためとのことです。

漫画の印税システム

漫画の印税システムを紹介すると、基本的に単行本1冊につき10%(500円なら50円)の印税が入るというシステムです。

仮に、1冊500円の漫画が100部売れると単純計算で「5,000万円」の印税が入ると言うことです。また、その漫画の種類にもよると思いますが、その他のグッズ販売や放映権なども含めると億を超えるとも言われています。

漫画の印税例

ONE PIECE
累計「2億7,000万部」「印税113億」

SLAM DUNK
累計「1億1,897万部」「印税50億」

こちら葛飾区亀有公園前派出所
累計「1億5,527万部」「印税65億」

NARUTO-ナルト-
累計「1億3,128万部」「印税55億」

DEATH NOTE
累計「3,000万部」「印税6億」

一例を上げてみましたが、印税だけでも凄い金額ですね。羨ましい限りです。

セミリタイア後の副業に漫画家はどう?

セミリタイア後の副業として漫画家とは言わないまでも、イラストレーター、似顔絵書き、絵本、LINEスタンプなど、漫画(絵)を書くのが上手とか好きとかの人は、セミリタイア後の副業として漫画を書くのもありなのかなと思います。

ただ、小説家にしろ、漫画家にしろ、その手の才能がなければ稼げないと思いますので、漫画を書いて稼ぐと言っても、そこそこ稼げるような人になるのは、ほんの一握りの人なのかなと思います。

スポンサーリンク