セミリタイアやリタイアで海外移住するならマレーシアが注目!?

スポンサーリンク

海外移住でマレージアが注目されている!?

テレビなどで、セミリタイアやリタイアの海外移住先の候補地として「住みやすい」「物価が安い」などで「マレーシア」が注目されているそうです。

しかし、ネットでマレーシアの海外移住について調べてみると、テレビなどでいわれるほど、環境的にそれほど恵まれているということもなさそうです。

その恵まれてないといわれる具体例を以下に書きたいと思います。

マレーシアに移住するデメリット

・気候的に暑すぎる。
・文化的に衛生面で劣る。(衛生面に拘る文化がない)
・物価はそれほど安くない。
・熱帯でデング熱やマラリアなど病気の危険性
・永住権を取ろうと思うと貯金が数千万必要

結局、マレーシアは旅行で行く分には良いと思いますが、移住となると何かと不都合(不自由)が多くあるということだと思います

もちろん、上記のデメリットばかりではなく、マレーシアは比較的治安が良い、英語が通じやすいなどのメリットがあります。

そこで、マレーシアに海外移住となると上記のデメリット以外にも、言葉の問題だったり衛生面の問題だったりと、いろいろな問題があると思います。

言うは易く行うは難し

普通の人がセミリタイアやリタイアをイメージすると、日本で暮らすなら、田舎に移住して自給自足の生活をするとか・・・

また、海外で暮らすなら、南の島でのんびり暮らすとか、気候の良い暖かいところで暮らすとか、そのような良いイメージを描くと思います。

しかし、日本の田舎にしろ海外にしろ、実際にそこで暮らすとなると、いろいろ大変なことが多くあると思います。

それは、ことわざにもあるように「言うは易く行うは難し」ということになると思います。

昔の中国は月1万あれば余裕で生活ができた!?

今から25年ぐらい前は、移住先として「中国」なら、月1万もあれば余裕で生活ができるといわれていました。

しかし、当時の中国は今以上にジャパンバッシングが酷く、衛生面も悪いといわれていましたので、それが我慢できるのなら、物価が安い中国で移住も可能といわれていました。

ただし、今では中国の物価は上がりに上がってしまい、北京などの中心部になると月10万程度はないと、普通に生活できないといわれています。

そして、マレーシアも今は海外移住先として良いかもしれませんが、数年後には中国と同じように、劇的に物価が上がってしまうなどの心配があると思います。

結局はお金の問題!?

結局、マレーシアを含めまともな海外の移住先となると、それなりに資産を持つ人やそこそこ多い年金が確保できている人など、その手の限られた人しか無理な話しだと思います。

そして、海外移住について調べてわかったのですが、私のような資産の少ない海外移住となると、知名度の低いアジア圏や南アメリカなど、物価の安いところしかなさそうです。

しかし、そこまでして海外移住しなくても、むしろ日本にいた方が、言葉も通じるし病院もあるし衛生面も良いしで、何かと便利だと思います。

そして、私の結論としては、いくらマレーシアが海外移住先に良いといわれても、私のような庶民が持つ資産程度では「高根の花」ということになると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク