マイナス金利の導入で、どうお金を運用すればいいのか?

スポンサーリンク

3e567ae4bf2fbf30229cc9f7742c9406_s

10年変動金利型

マイナス金利の導入で、普通預金や定期預金、国債などを購入しても、利息として受け取れる額は「すずめの涙」程度で、ほとんど受け取ることができません。

そこで、今後、どうお金を運用すればいいのかと迷う人も多いかと思います。

そんなマイナス金利導入で、有利なのは「10年変動金利型」がお勧めとのことです。

それは、今後は、インフレになる確率が高く、インフレになれば自ずと金利も上昇しますので、変動金利ならば、その金利の上昇と共に利息として受け取れる額も多くなるからです。

今後は、インフレになる!?

アベノミクスでは、インフレ率「2%」の物価上昇を目指しています。

それは、今はマイナス金利ですが、将来的には2%の物価上昇が見込まれ、その物価上昇と共に金利も上昇すると言うことです。

仮に、アベノミクスが失敗したとしても、失敗したことで日本の貨幣価値が落ちるため、悪い意味でのインフレになると言われています。

そこで、アベノミクスが成功しても失敗しても、どちらに転んでもインフレになるため「変動金利」にしておけば、金利の上昇が見込めるので、安心だと言うことです。

安全を取るかリスクを取るか

もちろん上記のことは確定事項ではありませんので、絶対ではありません。

しかし、投資には失敗が付きものですので、投資にはリスクが伴い、そのリスクを取れない人は、金利の付かない「タンス預金」をするしか方法がありません。

仮に、リスクを極力取りたくないと言う人は、運用して失敗したと思ったら、すぐに解約できる商品もありますので、そう言ったものに投資をするのも1つの方法だと思います。

最後に

なんにせよ投資には「バランス」が大切だと思います。どれだけのリスクを取れるのかで、投資をする方法も変わってくるかと思います。

投資には、利益重視、安全重視など、自分のスタンスを決めて行うことが大切で、そう言った意味でも、今後はマイナス金利のことを踏まえ投資をすることが大切だと思います。

そこで、どうせ預金をするなら、上記に書いた「10年変動金利型」にするのも1つの投資の方法だと思います。

スポンサーリンク