給食費滞納「逃げ得」は絶対に許さない!!

スポンサーリンク

給食費の逃げ得は絶対に許さない!

学校給食費の滞納が増加している大阪市で、市教育委員会が11月から回収業務の一部を弁護士に委託することが24日、分かった。

支払い能力があるのに再三の催告に応じない悪質な保護者が回収の対象で、法律の専門家に託すことで「逃げ得」を許さない強い姿勢を示すとのこと。

これは、当然のことで、給食費滞納で逃げ得するなんて「恥を知れ!」ってことです。

最終的に、弁護士に頼るとか、ここまでしないと給食費を払わない人って、何を考えて払わないんですかね?私には、そこまでかたくなに給食費を滞納する理由がよくわかりません。

今まで何してたの?

今まで何も手を打たなかったこと自体がおかしなこと。もちろん、何もしなかったというわけではないと思いますが、やり方が甘かったというか、通告や通知をするだけで、あとは何もしなかったというのが現状

とにかく、日本人は、罪に対する意識が低いというか、罪を犯しても軽く罰せられるだけで、そのあとは、大したおとがめもない。だから、やったもの勝ちになってしまい、給食費を滞納するなどの人が後を絶たない。

だから、そんな通告や通知など無視して給食費を払わなければ、そのまま「逃げ得」となる。

昔は、貧乏な家庭でも給食費はしっかりと払っていた。それが今では「給食費なんか知るか!」との親が増え、給食費を払わない無責任が増えている。なんとも困った世の中になってしまったものだと思う。

給食費滞納に関するいろいろな意見

子供が気の毒
子どもが食べて帰って来ることに平気でいられる神経が親として失格
児童手当から給食費を差し引けばいい
あまりに悪質なら起訴すべき
・弁護士費用も未納の親に払わせるべき
・食べたければ支払いを先にすべき
・給食費滞納のシワ寄せである町では品数を1品減らされている
回収手数料と延滞金もきっちり支払って欲しい
・未納の子は可哀想だけど食べさせないのが妥当だと思う

上記のような意見が出るのは、当然のとこだと思います。

真面目な人が損をするは絶対ダメ!

真面目に給食費を払っている人が、損をする仕組みを作っては絶対にいけない。給料を差し押さえてでも給食費は回収すべきこと。

それは「真面目な人たちが損をする世の中」は、絶対に間違っていると思うから。あってはならないと思っているから。

もっといえば、真面目な人が損をする世の中になってしまったら、それこそこの世の中というか、日本は完全に終わりだと私は思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク