貯金ができないと嘆いている人に共通する口癖や特徴とは?

スポンサーリンク

貯金ができない人の口癖とは?

貯金ができない!と嘆いている人は、行動、パターン、考え方などで同じ傾向が強く、口癖でも同じことをいう傾向が強いそうです。

確かに私の周りを見ると、貯金ができない人の多くは無駄使いをしていることが多く、口癖のようにある呪文を唱えています。

その呪文とは「お金がない!」「貯金がない!」「貯金ができない!」などの言葉です。その貯金ができないと嘆いている人の口癖や特徴を下記に書きたいと思います。

今を楽しまなきゃ!

貯金ができない人の口癖で1番多い口癖は?それは「今を楽しまなきゃ!」という口癖が1番多いそうです。

確かに、今を楽しむことは大切だと思います。それは重々わかります。しかし、将来のことを考えお金を貯めることも、今を楽しむのと同様に大切だと思います。

そして、今を楽しまなきゃ!とお金を無造作に使っては、お金が貯まらないのは当然で、今を楽しめても将来のことを考えると不安でしかないと思います。

お金は使わなきゃ意味がない!

もちろん、お金を貯めてばかりでは意味がないと思います。そして、今使うために仕事でお金を稼いる部分もあると思います。

ですので、お金は使ってこそ意味がある「お金は使わなきゃ意味がない!」というのは、部分的には正解だと思います。

しかし、お金を使うといっても闇雲に使っていたのでは意味はなく、要所要所で必要なところに使ってこそ生きるのがお金だと思います。

生きるお金を使う!

生きるお金とは、例えばお金を使うにしても、頑張った自分へのご褒美、趣味のため、疲れたときの息抜き、気分転換、子供や奥さんのためなど・・・

お金を使うにも限度があると思いますが、上記のような日頃の疲れを取るためや今後の活力のためなどに使うお金は「生きるお金」だと思います。

しかし、分相応でない高級品を買ってみたり、見栄を張るためだけに高い物を買ったり、もしくは、自分の給与(収入)に見合わない、分不相応の家や車などを買ってみたり・・・

上記のようなお金の使い方は、全てが無駄だとはいいませんが、多くの場合が無駄になることが多いと思います。そして、それは「死んでいるお金の使い方」だと思います。

結局、お金とは?

結局、お金とは、使うべきときに使い貯めるべきときに貯める。お金を使うにもメリハリを付ける。それが生きるお金の使い方だと思います。

それを頭ではわかっていても、そのようなお金の使い方ができないという人が、世の中には結構な確率(割合)でいるのも事実だと思います。

そして、上記のような人が「貯金ができない!」と口癖のように嘆いているのだと思います。

それは、貯金ができない人の多くは、お金に対して優先順位を付けるのが下手で、その場の雰囲気で欲しい物にお金を使ってしまい、後からお金がなくなり後悔する人が多いそうです。

最後に

貯金ができない人の「約42%」は「目標がないからお金が貯められない!」が口癖になっているそうです。確かに、貯金には「目標」が必要だと思いますし大切だと思います。

しかし、目標のないお金、例えば、家電が壊れた。病気になった。会社が潰れた。リストラされた。など、突発的に出る出費(費用)に備え、多少の貯金は常に必要だと思います。

とにかく、お金はいくらあっても無駄にはならないと思いますので、相応に貯める努力も必要で、お金は「適度に使い適度に貯める」それが大切だと思います。

そして、お金に限らず何事にも「適度」が良いというのは、いうまでもなく大切なことだと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク