生活が苦しいと答えた人が調査以来過去最高の62%にも!

スポンサーリンク

生活が苦しい!

厚労省調査厚生労働省が行った調査で、生活が苦しいと回答した世帯は、去年は全体の62%に上り、昭和61年に調査を始めてから最も高くなったことが分かりました。

2種類の苦しい

上記の「生活が苦しい」といっている人の中には「2種類」の人がいると思います。

それは「必要以上にお金を使っていて生活が苦しい」といってる人と「本当にお金がなくて何も買えなくて生活が苦しい」といってる人の2種類の人がいるということです。

ですので、正直なところ、上記の調査は「信憑性に欠ける調査」だと思います。

意味のない調査?

だって、お金を使い過ぎて生活が苦しいのは当然のことでしょ?それをお金が本当になくて生活が苦しいと言っている人と一色単にしては、意味がないと思います。

この手の調査って、毎回行われては報告されているんだけど、意味のない調査は、当然意味がないと思うんですよね。

意味のない調査は、人件費を無駄にしているだけで、それならならそんな無駄な調査などはせずに、1円でも多くの人件費=税金を減らして欲しいというのが、私の本音です。

そして、いつも思うのは、こういう調査って「誰得なの?」ということです。生活が苦しいからだから何?それで終了の話しだと思います。

最後に

苦しい人が多かろうが少なかろうが誰も助けてはくれません。ですので、やはりどう考えても無駄な調査だと思います。そこでどうせ調査をするなら、調査をした後の対応策が重要だと思います。

それは、生活が苦しい人のために、厚生労働省が何ができるのかを考えるということです。それをしないのなら、始めから生活が苦しい人が何%いるかなんて調査は、しない方が良いと思います。

そして、投げっぱなしやりっぱなしの調査報告など、高い税金(人件費)を払って、お役所の人がわざわざするような仕事ではないと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク