熊本地震で後悔したこととは?タンス預金は止めた方が良い理由

スポンサーリンク

熊本地震

2016年4月14日、熊本に震度7の大きな地震が発生しました。

その名も「熊本地震」

その熊本地震については、連日のようにニュースで放送さていますので、知らない人はいないと思います。

タンス預金のメリット・デメリット

その熊本地震で問題になったのが「タンス預金」です。

そのタンス預金とは?

タンス預金とは、金融機関などにお金は預けずに、家庭内に保管されている現金のことを差します。

そのタンス預金のメリットは、手元に現金がありますので、その現金をすぐに使うことができるという点だと思います。

一方、デメリットとしては、火災や盗難などで、その現金をなくす恐れがあることです。

熊本地震とタンス預金

今回の熊本地震で、火災に合われた人や家屋が倒壊した人などが多数いました。

その熊本地震で被災された人の中には、タンス預金をしていた人も多数いたそうす。

そこで、火災によってそンス預金をなくした人や、地震によって家屋が倒壊してタンス預金を取り出そうにも取り出せない人もいるそうです。

また、タンス預金が取り出せないならまだしも、もしかしたら東北地震のように、倒壊した家屋に侵入されタンス預金が盗まれる可能性もあると、心配でまともに眠れない日が続いている人もいるそうです。

タンス預金はしない方が良い?

上記の内容を読む限り、タンス預金はしない方が良いと思います。

しかし、例えば、自営業などをしていて、現金を常に必要にしている人などにとっては、タンス預金あればすぐに現金を使うことができますので、タンス預金は重宝すると思います。

結局、現金が必要な人はタンス預金をしていても良いと思いますが、現金が必要のない人は、無駄にタンス預金はしない方が良いということなんだと思います。

最後に

確かに、現金が手元にあれば何かと安心すると思います。

その安心のためにタンス預金をしているのだと思いますが、今回のように火災や地震などが起きれば、そのタンス預金をなくしてしまう可能性もあるわけです。

ですので、使わない現金は無駄に手元には置かず、必要のない現金については、銀行などに預けて置くのが、大切な自分のお金を守るためにも良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク