下落相場でセミリタイアには欠かせない高配当株を狙うチャンス!?

スポンサーリンク

a0002_001041_m

セミリタイアには欠かせない?高配当株

セミリタイアには欠かせない「株」(投資)について、最近「高配当株」のことについて少しづつですが勉強しています。

そんな高配当株とは、世間一般に「配当利回り」が「2%以上」の株を高配当株と言うそうです。その2%と言えば、例えば「10万円」の株を購入したとすると、年間で「2千円」(税引き前)の配当が受け取れるということです。

現在、その配当利回りで2%以上の株は「1500社」程度ありますので、その1500社が上記に書いた高配当株と言うことになります。

高配当株のメリット

高配当株のメリットと言えば、その名の通り「高配当」(高利回り)なのがメリットです。

現在の定期貯金の金利と言えば、一番高い金利のものでも「0.3%程度」ですが、それが高配当株になると「2%以上」になりますので「約7倍」の金利差となります。

そのことからも、高配当株にはメリットがあると言うことがわかると思います。

高配当株のデメリット

しかし、高配当株にはデメリットもあります。それは、持ち株の価格が下がってしまうことで「損失」を抱えてしまうことです。

持ち株の価格が下がれば損失を抱えることになり、たとえ高配当をもらったとしてもその損失の補てんができずに「焼け石に水」になりかねない状況になる可能性もあります。

ただし、逆に持ち株の価格が上がれば「含み益」を抱えることになり、含み益と高配当で「2重」でおいしい思いをすることができます。

最後に

株は、当たり前ですが、基本的に「下がったときに買い、上がったときに売る」それが鉄則だと思います。今がその下げ相場で買いどきなのかなと思っています。

しかし、今以上に株価が下がる可能性もあるわけで、急激な下げに対しては、もう少し様子見しても良いのかな?と思ったりもしています。

今後は、セミリタイアのことを考えて、少しづつ高配当株のことについて勉強して行きたいと思っています。

スポンサーリンク