高学歴はむしろ生きずらい!?プライドが人生を狂わせることも

スポンサーリンク

学歴社会

私が新卒で就職活動をしていたときは「学歴社会」は、まだまだ残っていました。

有名な大手企業ともなれば、上位の大学でないと書類で落とされるのは普通のことでした。

もちろん下位の大学でも、例えば、英語を話せたり上位の資格を持っているなどだと書類に通ることもあったそうですが、それでも上位の大学にはかなわなかったそうです。

学歴社会が横行していた悪しき時代の話しです。

今でも学歴社会は続いている?

しかし現在は、誰でも大学に行ける時代となり、真意はわかりまあせんが、自分の名前さえ書ければ入れる大学もあるそうです。

そこで、私の時代と比べると、学歴社会のフィルターは外されている感が強いと思います。

とはいっても、東大や京大などの上位の大学出身だと一目置かれるのは、当時となんら変わっていないように思います。

そこで「高学歴は社会で生き抜くための大きな武器なる」は、今も変わってないと思います。

高学歴はプライドが高い?

そのことを知ってか知らずか高学歴の人にありがちな「あるある」があります。それは「プライドが高い」ということ。

もちろん、全ての高学歴の人がプライドが高いのか?といわれればそうではなく、往々にしてプライドが高い人が多いということです。

そこで、その高いプライドが邪魔をして、人生を狂わせることもあるという。

Aさんの場合

ある有名大学を卒業したAさん、大学卒業後、父親の勧めである中小企業に入社する。

しかし、その入社した中小企業は、高卒や大卒といってもいわゆる3流とか4流とかいわれている大学を卒業した人ばかり

そこで「何でこんな程度(学歴)の低い人たちと一緒に仕事をしないといけないんだ?」と、常に思いながら仕事をしていたそうです。

それから数年後のあるとき「こんなところでは働いていられない!」と高いプライドが邪魔をして会社を辞めてしまったという。

そこからは、高いプライドのせいで仕事を転々とする生活が続き、40歳を過ぎた今では、年収300万に届かない臨時講師の仕事をして生活しているそうです。

最後に

自分は、高い学歴を持ったことがないので何ともいえないですが、過去の職場に京大卒の人がいました。

なぜこんなところに京大卒の人がいるんだ?と話しを聞いたときはビックリしたのですが、その人はプライドが高いということはなく、極々普通の良い人でした。

「プライドでは飯は食えない!」といわれるように、ある程度のプライドを持つことは必要だと思いますが、必要以上の高いプライドは、逆に人生を不幸にすることもあるということなんだと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク