日本の女性で最もコストパフォーマンスが良い職業とは?

スポンサーリンク

3b969dcd61f4a21c5fafa22a500aec10_s

女性でコスパの良い職業とは?

日本の女性で最もコストパフォーマンスの良い職業とは?それは「看護師」なんだそうです。

その看護師になるためには、最低でも看護学校に3年以上行かなければなりません。その後、国家試験にも受からなければなりません。

その看護師の3年間の平均学費は、公立だと127万、私立だと250万、また、4年制の国公立の大学は約240万円、私立は約648万掛かるとのことです。

看護師の学費については、多少高目だと思いますが、通常の専門学校や大学と比べ大きくは変わらないと思います。

また、病院や医師会が設立した専門学校だと、奨学金制度があったり、一定期間を指定の病院で働けば、返済が免除される制度も多くあります。

女性の平均年収について

女性の平均年収は272万、一方、看護師の平均年収は473万で、約2倍となっています。

さらに、看護師といえば、通年で人手不足にある職業のため常に求人が多くあり、転職などの際には、有利に運ぶことが多いです。また、看護師は、介護の道などへ進むこともでき、その点でも多くのメリットがあります。

そこで看護師は、年収も高ければ求人も多いというメリットが多い職業の1つだと思います。

楽な仕事などない!?

しかし、看護師の仕事は、人の命を預かる仕事ですので、それなりに精神的負担が大きい仕事だと思います。結局、女性の平均年収よりも年収が多い代わりに、それなりに大変な仕事だということだと思います。

当然、世の中に楽な仕事などあるはずがないのですが、しかし、コストパフォーマンスや将来性などを考えると、看護師の仕事は、通常の仕事に比べ多くのメリットがある仕事の1つだということになると思います。

そこで、もし私があと20年若かったら?もしかしたら看護師を目指していたかもしれないです。そしたらセミリタイアなんて考えなかったかもしれないですね。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク