国民年金だけじゃ足りない!貧困化する高齢者について

スポンサーリンク

国民年金と生活保護

国民年金の場合、現在、満額もらえても月額で「約6.5万円」にしかなりません。その月6.5万円の年金だけで生活できますか?ほとんどの人が生活できないと思います。

結局、老後については、その国民年金だけでは足りないと貯蓄を取り崩して生活しなくてはなりません。

そこで、貯金がないと言う人はどうなるのか?生活ができないので「生活保護」を申請することになると思います。

国民年金の制度について

そもそも国民年金は、老後の生活をすべて保障するものではなく、自営や農家に向けて作られた制度で「年金+事業所得」と言う考えの制度ですので、支払いが少ない代わりに支給も少ない制度となっています。

その点を理解しないで、国民年金だけでは生活できないと言うのがそもそも間違っているとの指摘もあります。

ただし、国民年金を満額払った人の支給額が、生活保護の支給額以下と言うのは、それは不公平で違う話しだと思います。

貧困になるのは本人の責任?

人によっては、老後に「貧困」になるのも「生活保護」になるのも「本人の責任」だと言う人もいます。

もちろん、ギャンブルで散財した人とか、無駄使いが多くてまともに貯金をしなかった人などは、老後の貧困は、本人の責任なのかもしれません。

しかし、リストラにあったとか、会社が倒産してしまったとか、病気になってしまったとか、親の介護とか、そう言った人もいると思うので、一概に貧困になったのが本人の責任だとも言えない部分があると思います。

最後に

とにかく、今まで頑張って生活してきたのに、老後に貧困になってしまい、死ぬまで好きな物も満足に食べられない、好きなこともで満足にできない、そんな風になってしまったら悲しいものがあると思います。

そこで、そんな老後にならないように、ある程度の貯金は必要だと思うし、老後に向け貯金を増やす努力も必要なのかなと思っています。

最近、ニュースやネットで老後のことを見たり聞いたり読んだりするとが多いのですが、そのことから良い老後が全く想像できません。

スポンサーリンク