国民年金なんてもう払うな!老後は生活保護で安泰だから!?

スポンサーリンク

全労働者の4割は非正規

現在、全労働者の「約4割」は「非正規雇用」という時代を迎えています。

非正規雇用とは、いわゆるパートやアルバイトや派遣社員などの働き方です。

非正規雇用は、正社員と比較すると、給料が低く、賞与(ボーナス)が出ないことも珍しくありません。 というか、それが普通です。

また、正社員にはある、福利厚生や各種手当も支給されない場合が多いです。

国民年金の負担は大きい

給料の低い非正規雇用の労働者にとって、毎月の国民年金の支払いは、大きな負担としてのしかかると思います。

平成27年度の月額の国民年金の支払額は「15,590円」で、非正規でこの金額を支払うのは大きいと思います。

当然、国民年金が支払えない場合、手続きを行えば、猶予制度や減免措置を講じられます。

しかし、減免を受ければそれだけ国民年金の支給額は少なくなってしまいます。

国民年金を40年払い続けると?

仮に、国民年金を40年支払い続けても、満額で月額にすると「約6.5万円」しか支給されません。

しかし、首都圏の生活保護は、地域により差はありますが、単身の場合で、住宅扶助費が「約5.3万円」(住宅扶助上限)、生活扶助費が「約8.0万円」支給されます。

また、生活保護は各種税金が免除され、医療費や介護費などの必要なサービスも現物で支給が受けられます。

ということは、国民年金を払うよりもむしろ生活保護を受けた方が、 場合によっては良いということになります。

国民年金など払わない方が良い!?

生活保護の手当の方が、国民年金より高いことは有名です。

ですので、単純に考えれば、国民年金を40年間払い続けるよりも、生活保護に移行した方が良いと考えるのは、普通のことだと思います。

こうなると、バカバカしくて国民年金を払う人がいなくなる!?

そこで、将来、老後破綻や下流老人などになる可能性のある人は、むしろ国民年金など払わない方が良いということになると思います。

最後に

上記から、場合によっては、国民年金を払わない方が得策だということがわかると思います。

そこで「国民年金なんて払うな!」という人もいて、いっていることはわからなくもない?

しかし、ある意味、国民の義務として、国民年金を払わないのはどうかと思うことも無きにしも非ずで、それは、真面目に毎月コツコツと払っている人もいるからです。

とにかく、生活保護を隠れ蓑(みの)にして、国民年金を真面目に払っている人が損を制度自体が間違いだし、1日でも早く国民年金の制度を見直すべきだと思います。

スポンサーリンク