国の年金積立金は足った135兆で2028年に枯渇して破綻する!?

スポンサーリンク

根深い年金問題

毎度おなじみの年金問題についてですが、年金について2025年には、現役世代「1.8人」で1人の高齢者を支える形になると予想されています。

また、2050年になるとさらに厳しい、現役世代「1.2人」で1人の高齢者を支える形になると予想されています。

そこで、現在の年金制度のままで行くと上記のような状況ですので、普通に考えると破綻するのが目に見えている状況だと思います。

また、現在の年金積立金(過去の年金財政の余剰分)は「約135兆円」(2015年度)といわれていて、年金については、毎年「10兆円」近い取り崩しを続けている状況です。

年金積立金は足ったの135兆円!?

年金積立金についは「2028年」には、資金不足で枯渇すると予想されています。

そこで、現在の年金の支給年齢は「65歳」になっていますが、段階的にスライドを余儀なくされ、最終的に「70歳」からの支給になるといわれています。

さらに、最悪の状況になれば「75歳」からの年金支給になるともいわれています。

そして、仮に70歳からの年金支給になると、年齢的に生きているかどうかもわからない、不明な年齢になりますので・・・

ですので、もう初めから年金など払わず、持っているお金を全て使ってしまい、お金がなくなれば、あとは生活保護と考える人も普通にいると思います。

年金支給の10兆円を確保するには?

そこで、年金に毎年使われる「10兆円」を確保(算出)するために、以下のことが検討されているともいわれています。

・消費税の増税
・所得税の増税
・公務員の給与カット
・国会議員の数を削減
・地方議員の数を削減
・宗教法人への課税
・安い電波使用料への課金

以上のようなことをすることで、年間10兆円の年金支給を補うことができる。といわれているそうです。

また、上記のことなどをすることで、仮に10兆円を確保できれば、若い人たちへの年金負担が減ることになりますので、年金の「世代間格差」は少なくなると思いますが・・・

最後に

しかし、上記のような増税をしようとすれば、その手の人や業界などからの猛反発されるのは必至な状況だと思います。

結局、増税などは「言うは易く行うは難し」「机上の空論」で、年金のためとはいえ、簡単に行動できることではないと思います。

とはいっても、現在真面目に働いている現役世代が損をしてしまう年金制度にだけには、将来的になって欲しくないと思っています。

そこで、早急な年金に対する対策が必要だと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク