「子どもを産むのがブルジョア」日本で子供を産むには金持ちだけの時代が来る!?

スポンサーリンク

150705260810_TP_V

日本の人口減は必至

将来的に日本は、まず人口の減少によって、今の社会が維持できなくなり、究極はお互いが尊重できない社会が来ると危惧されています。

私の周りを見ると、同世代で結婚している人は大体半分ぐらいで、さらに、結婚をして子供がいるのは、そのうち2分の3ぐらいです。

こうなると子供が減るのは当然で、将来の日本の人口減は必至な状態だと思います。

何をするにもお金が掛かる

私が学生のころは、私の周りで結婚していない大人たちは今と比べ少なく、さらに離婚する人などは滅多にいない状況でした。

また、子供を育てるにも今のようにお金が掛かるわけでもなく、給料も今と比べると高かった時代ですので、子供を育てる環境としては、そう難しくはなかったのだと思います。

しかし、今は何をするにもお金が掛かる。そこで、子供を1人産んで育てようと思ったら2千万掛かるとも3千万掛かるとも言われています。

格差社会

こうなってしまうと安い給料で働いている人は、私も含め結婚しようとも、ましてや子供を産んで育てようとも思わないのだと思います。

格差社会が広がってしまったことで、一部の高給取りしか子供を産むことができない状況

そこで、将来的には「子どもを産むのがブルジョア」で、こうなると子供に掛かる教育も医療も増々高くなってしまい、給料の安い人は、増々子供が産めなくなると言う悪循環が生まれると思います。

生活保護

現在は、昔はほとんどの人が文句を言わなかった生活保護で、支給される月10万前後(単身)のお金でさえ「高い!」とか「贅沢だ!」とか総批判されている状況

それだけ、現在では「月10万」の価値が上がっていて、給料の低い人が増えていて、これ以上給料を下げられてしまえば、まともに働いているにも関わらず、生活することさえできない状況になる人が続出すると思います。

こんな状態では、子供を産もうにも産めるはずがなく、今は、子供を産んで育てるには大変な時代なんだと思っています。

最後に

そこで、一定額以上の給料だったり年金だったりを貰っている人は、将来の子供のため日本のために還元すべきだと唱えている人もいます。

しかし、資本主義の日本で、そのようなことを強制してしまうと、頑張ること努力すること真面目に年金などを払うことがバカらしくなってしまうと言う人も現れ、日本の将来に悪い影響を及ぼす可能性もあると思います。

少子化問題は、難しい問題なので何とも言えませんが、とにかく収入の少ない人でも子供を産みやすく育てやすい環境作りを早急に整えるべきなんだと思っています。

スポンサーリンク