記事を書く1番簡単な方法は他人の記事を批判すること!?

スポンサーリンク

ネットを徘徊してある記事を発見!

ネットを徘徊していると、ある記事を発見しました。

それは、そこそこ読んでもらえる記事を書く簡単な方法は、他人が書いた一般に多く読まれている記事に対して、ケチを付けたり文句を書いたりすることなんだそうです。

確かに、それは一利あるかもしれないと思いながら、その記事を読んでいました。

また、その記事の終わりには、そのような他人にケチを付けたり文句を書いたりするような記事ばかりを書いていると、次期に飽きられてしまい、誰にも読まれなくなってしまうとも書いていました。

タバコの話しを例にすると

例えば「タバコを吸って何が悪い!」という記事が話題になるとします。すると、愛煙家からは、称賛されると思います。

しかし一方では、嫌煙家からは「受動喫煙云々」とか「タバコの煙が周りに迷惑」とか「息が臭い」とか「タバコの臭いが我慢ならない!」など、いろいろな批判が出ると思います。

僕が思うに、タバコは日本で許されているものですので、吸う吸わないは個人の自由で何ら批判されることはないと思います。ただし、タバコを吸う過程で、周りに迷惑の掛かる行為は当然してはいけない。話しの論点は、そこだと思うんです。

それぞれの言い分

しかし、タバコを吸う人には、吸う人なりの言い分があるし、タバコを吸わない人は、吸わない人なりの言い分があると思います。いろいろな考え方があると思います。

そこで、そのタバコの記事について、そんなのは間違ってんだろ!ゴルア!!と、単に批判するだけなら、部分部分をかいつまんで批判する記事を書けば簡単に書けるという話し。

そして、タバコを吸う人からも吸わない人からも、そこそこ読んでもらえる記事になるという話しです。

最後に

私自身も、他人の書いた記事に対して、ああだこうだとウンチクを書いてしまう方なので、気を付けないといけないと思う。

ただ、私がウンチクを書くといっても、それは全面批判をしているのではなくて「こういった考え方もありますよ!」的な考えで書いているつもりなので、批判しているつもりはないんですけど・・・

また、そのブログなりサイトなりを読んでいる人からしても、他人の記事を批判してるのを読んでも、おもしろくないというか詰まらないというか「だから何の?」と思うだけで、あまり共感されないと思うんです。

そこで、自分なりの記事を書くのは、とても難しいことだと思いますが、書くことないないからとか、頭に来たからとか、自分の考えと違うからとかで、他人の記事を単に批判する行為は、最終的に、全て自分に降って掛かって来ますよ!的な話しなんだと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク