セミリタイアとは気楽に生きるということ?

スポンサーリンク

生きている時間の中で一番多く使う時間は?それはまぎれもなく「仕事」をしてる時間だと思います。

0ddff318a4347903ea79ebce9b1f0bbd_s

引退した人、無職(求職中)の人、週2~3日のバイトの人など、その様な人は別ですが、生きていると生活の大部分が仕事に左右され生きることになります。時間的な拘束も精神的な拘束もほとんどが仕事に左右されることになります。

その生活をするために仕事をするのは必要なことだと思いますが、その仕事のために嫌な思いをしたり自分の意に反して我慢しなければならなかったりと、仕事をしているとそのようなことが結構な確率であります。

仕事でお金を得るのは一種の「我慢料」だという人もいますが、その我慢ができる人もいればできない人もいるわけで、我慢ができる人にとっては、仕事でお金を得るのは簡単?楽?なことだと思いますが、我慢ができない人にとっては、仕事で我慢するということは「苦痛」でしかありません。

そんな仕事で我慢ができない人にとっては、仕事をしないもしくは仕事の時間を減らす生き方、それが「セミリタイア」であって「セミリタイア=気楽に生きる」と言うことになるかと思います。

もちろん気楽に生きることに対して世間一般では「仕事をまともにしていない=悪とか悪い」となるので、良い悪いいろいろな意見があるかと思いますが・・・

ただ、せっかく人間として日本人として生まれてきて、自分の生きたいように生きられる現実があるならそれを実行するのも人生であって「セミリタイアする」「気楽に生きる」そんな生き方に良いも悪いもないのかなと思っています。

スポンサーリンク