セミリタイアとタバコについて禁煙って本当に難しいです。

スポンサーリンク

私は愛煙家です!

私は「愛煙家」です。そして、1日に「20本」ほどタバコを吸います。

そのタバコの値段としては、20本は1箱となり1箱の値段は、タバコの種類にもよりますが、私が吸っているウィンストンキャビンは、現在「420円」となっています。

そのタバコ代の1日420円を1ヵ月で計算すると「30日×420円=12,600円」になり、1年間で計算すると「12,600×12ヵ月=151,200円」になります。

そして、1年間のタバコ代だけで「約15万」も使うことを考えると、その額は大きな金額になると思います。

タバコは止めるべき!?

私のような貧乏人は、タバコ代は痛い出費でさらに健康にも良くありませので、金銭的にも健康的にも止めるべきなんだと思います。

ただ、私はお酒は飲まないし、車にも乗らないし、服も必要最低限だし、食事もあまり贅沢ではないしで、贅沢とほぼ無縁の世界で生きています。

そして、贅沢とほぼ無縁の世界で生きていますので、愛用している嗜好品の類もほとんどありません。そのほとんどない嗜好品の1つが「タバコ」ということになります。

その数少ない嗜好品を節約のためにと思い、我慢して止めてまで節約すべきなのかと考えてしまうのですが・・・

タバコとセミリタイア

もちろん、セミリタアに向け節約や健康は大切だと思います。しかし、好きで吸っているタバコを無理に止めるのもどうかと思い・・・

ただ、今後のことを考えると、節約や健康のことを無視できないと思っています。

そこで当面は、タバコを吸う本数を1本でも減らしたいと思っています。それは、禁煙ということではなく、当面は「減煙する」ということです。

そして当面の目標は、現在1日20本吸うところを、1日15本にでも10本にでも減らせれば良いと思っています。

最後に

もちろんというか当然のこととして、一番良いと思うのは、減煙ではなく「禁煙」だと思うので、将来的には禁煙できればと思っています。

そして、少しでも健康に気を付けて、健康的なセミリタイアができればと思っています。

さらに、タバコを止めることで節約もできますので、セミリタイア資金もその分の余裕ができると思います。

とにかく、当面は減煙して吸う本数を少なくして、さらなるその先は、減煙ではなく禁煙という形に持って行ければと思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク