ケチじゃなくて節約してるんですけど!ケチと節約の違いとは?

スポンサーリンク

ケチと節約

貯金をするためには、お金を稼ぐだけでなく「節約」することも大切だと思います。

特に、セミリタイアをしたいと考えている人の中には、私と同じように少しでも節約してセミリタイアをするための資金を貯めている人もいると思います。

しかし、そのようなことをしていると、人によっては節約ではなく「ケチ」だと思う人もいるようで、ときには、人や周りを不快な気分にさせてしまうときもあるとのことです。

私自身、知人や会社の人などに節約の話しをする機会が少しだけあったりするのですが、その節約の話しをすると、私をケチだと思う人も中にはいるようです。

ケチと節約の違い

では、ケチと節約の違いはなんなのか?

・必要な所まで削るのがケチで、不要な部分を削るのが節約
・必要なときやみんなで出し合わないといけないときでも出し惜しみするのがケチ
・ケチは、お金を必要以上に惜しむ。節約は、ムダを省いて費用をきり詰める。
・節度を超えた節約がケチ

それ以外にも、お金を使わないためにムキになっている人、自己投資を惜しむ人などもケチだとの意見も出ています。

ケチな人の特徴

ケチの人の特徴とは?

・人にお金を使うことができない。
・いつもお金がないといっている。
・基本的にまわりの目を気にしない。
・他人にどう思われようが、自分さえ良ければ問題ない。
・なかなか物を捨てられない。

自分のことだけでなく、誰かのために使うお金もなりふり構わず惜しむ人がケチの人の特徴だということだと思います。

最後に

セミリタイア資金を貯めるために節約をしている人は、上記を読んで自分がケチなのか?それとも節約をしてるのか?違いがわかったでしょうか??

節約に熱中するあまり、周りからケチと呼ばれて孤立することも無きにしも非ず。

そこで、ケチは場合によっては、周りを不快にさせるともあるといいますので、自分がケチだと思う人は、直すことで良いことがあるかも?

自分は、節約だと名打って買うこと止めてしまったり、買うのをちゅうちょしてしまうことがあるので、上記に当てはめると、どちらかというとケチの部類に入るのかな?

ただ、必要なところにまでお金を出し惜しみするつもりはないので、周りからはケチだとは思われてはないと思うんだけど・・・

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク