セミリタイアをしたらやっぱり肩身が狭いになる!?

スポンサーリンク

TSU752_oikegawa_TP_V

セミリタイアは理解されてない?

世間一般に「セミリタイア」と言っても理解している人は少なく、その言葉すらしらない人が多数を占めていると思います。

そのような中で、仮にセミリタイアをしたとして、両親は元より、友達、知人、親戚などに「セミリタイアをしました。」と言っても「何それ?」と思われるだけで「白い目」で見られるのではないかと思うわけです。

セミリタイアは楽な生き方?

セミリタイアをしたと言っても、言葉的にカッコ良く言っているだけで、結局は「単に仕事がしたくないだけでしょ?」「楽して暮らしてるだけじゃん!」「悠々自適の生活してていいよな!」みたいな感じに思われるみたいな。

そこで「そんなことは言わせておけ!」「自分の生きたいように生きて何が悪い!」などと思っていれば、世間からの言葉や白い目などは気にならないと思います。

自分は自分、他人は他人、他人に言われてホイホイと人生を変えるのなら、もういっそのこと「他人任せの人生」でいいんじゃね?と思うわけです。

身内に言われるのは辛い?

しかし、他人から何を言われようがどう見られようが構わないと思いますが、それが両親(身内)から「世間体が悪い」「働いてないと世間に顔向けできない」「近所の人にいい歳して無職と噂される。」などと言われると辛いものがあると思います。

また、友達や親戚などの集まりなどで、必ず出てくる言葉「今、何してるの?」で、そこでセミリタイアと言っても理解してもらえることもなく肩身が狭い思いをするのは必至?

最後に

と、セミリタイアについてネガティブなことばかりを並べましたが、世間に何を言われようが両親にどう思われようがやりたいものはやりたい!と思うのが人の心情だと思います。

そこでセミリタイアをする前に、いい訳と言っては変ですが、そのセミリタイアについて「世間で上手く立ち回る術(すべ)」を身に付けておく必要はあるのかなと思っています。

「備えあれば憂いなし」と言われるように、セミリタイアをするの前に、何事にも「事前準備」をしておくことに損はないと思います。

スポンサーリンク