真面目に働いても年収が上がらない「稼げない病」って何!?

スポンサーリンク

yuka160218540i9a9461_tp_v

稼げない病

真面目に働いても年収が上がらない人が、最近増々増えているらしい。その名は「稼げない病」という。

その稼げない病とは、1つの職場で長年働き続けても、会社の業績不振などが続き、払いたくても年収を上げることができず、全く年収(給料)が上がることがないという病

中には、年収が上がらないならまだしも、年収が下がってしまう人もいるという。

私も過去に同じことがありました。

私も過去に、働いていた会社で4年間、ずっと給料が上がらない(昇給なし)ということがありました。その理由は、不景気で会社の業績が落ちているからというものでした。

経営者なら少しでも支払い少なくしたいと考えると思う。しかし、会社の実態は、それほど業績が下がっているわけでもなかったので、今考えると酷い話しでした。

結局、なんだかんだとイチャモンを付けて、払わないたくなかったってことなんでしょう?

そして、他の社員の年収を下げる中、君は現状維持なのだから、むしろ、年収は上がっているのと同じことなんだよ!と、意味不明なことを上司からいわれたこともありました。

厳しいようですが・・・

そして、厳しいようですが、給料云々で文句をいうなら転職すればいいだけの話し。

もちろん、年収が上がらないからと転職したくても、家族がいるとか、年齢的な問題とか、何かしらの理由で、転職したくても転職できない人もいると思います。

しかし、業績不振などで給料を上がらないというのは、会社というか経営者に責任があると思いますが、その会社の社員である本人にも責任があると思いますので、それを考えると仕方がないことだと思います。

そして、世間並に給料が貰えて、毎年きちんとボーナスや昇給が必ずあるみたいな。そんなまともな年収が貰える企業の方が、今はむしろ少ないのではないでしょうか?

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク