結局「下流老人」になりやすい人って?年収が低い人は危険!?

スポンサーリンク

下流老人とは

まず、巷でしきりにいわれている「下流老人」とは何なのか?

それは・・・

「生活保護基準相当で暮らす高齢者およびその恐れがある高齢者」

ちなみに、その下流老人の人数は、2015年現在、日本国内で推定「600万~700万」いるとされています。

下流老人の特徴

・(高齢期の)収入が著しく少ない

・十分な貯蓄がない

・周囲に頼れる人間がいない(社会的孤立)

下流老人に陥る主なパターン

・病気や事故による高額な医療費の支払い

・高齢者介護施設に入居できない

・子どもがワーキングプア(年収200万円以下)や引きこもりで親に寄りかかる

・熟年離婚による年金受給額や財産の分配

・独居老人状態での認知症の発症

年収に見る下流老人

まず、平均年収が400万円以下の人の年金の受給額は月額10万円前後となりますので、年金の受給額だけを見ると、ほぼ確実に下流老人となります。

また、たとえ年収が400万以上でも十分な蓄えがない場合には、下流老人になる危険があるといわれています。

この兆候は、40代以上になると顕著に見られ、40代で年収400万を超えない人は、定年退職後にそれなりの貯金がないと、定年退職後もずっと働き続けるか、もしくは生活保護以下の生活を強いられる場合もあるとのことです。

生活レベルが高い人は危険?

また、収入(給料)が多く、貯金や年金の受給額が一般の人よりも多い場合でも、今までの生活レベルが高い場合には、下流老人に陥りやすいとのことです。

それは、今までそれなりの高い生活レベルにあった人が、老後になったからといって、急にその生活レベルを下げることは難しく、そのことで生活費が高い状態が続くことになり、貯金や年金を食い潰してしまう恐れがあるからです。

ですので、老後のことを心配するなら、将来の自分の貯金や年金の受給額を想定した、生活レベルに合わせた生活を今か心掛けることも必要かと思います。

最後に

定年退職後の老後については、普通に暮らそうと思うと、十分な年金か十分な貯金のどちらかがないと悲惨な老後になるともいわれています。

そこで、老後のことを見越して、節約や資産運用などで貯金を増やそうと努力しても、節約には限度があり資産運用も成功するとは限りません。

ですので、将来的なことを心配しても意味がないし仕方がないという人もいるかもしれませんが、私も含めて人の心理として、将来を心配せずにはいられないんだと思います。

スポンサーリンク