中年フリーターが急増している過酷な現実

スポンサーリンク

中年フリーター増加 過酷な現実

a0e23d4f6669136f8dcdf280c1765276_s

3人に1人が非正規

アルバイト、パート、派遣、請負など非正規労働者の増加が止まらない。平成元年(1989年)に817万人で全体の約2割だった非正規労働者は2014年に1962万人まで増加。全体の37%と4割近くに迫っている。今や労働者の実に3人に1人が非正規だ。

働いている人の3人に1人が非正規だそうです。現在、正規でまともな給料を得ようと思ったら厳しいとしか言いようがない状況です。

非正規は今後も増える?

非正規の数については年々増えていますので、今後も非正規は増加傾向にあると思います。

会社としては、人件費のコストを下げるためにコストの高い正規を減らしコストの安い非正規を増やす。この構図は、非正規を大々的に認めている?国の責任が大きいと思います。

有効求人倍率は上がっている?

アベノミクスの影響で有効求人倍率は上がっていると言われていますが・・・

実際は、正社員に限ってみると有効求人倍率は0.76倍と1倍を下回ります。これが現実です。求人数は回復傾向にあるとは言われていますが果たして?

給料の安い非正規の求人が多少増えたところで何の意味もないと思うのですが・・・

最後に

結局、国が非正規を認めている以上、コストの安い非正規を増やすのは、会社の経営上当たり前の話しであって、結果的に非正規が増えるのも当たり前だと思います。

仕事をしている以上、奥さんと子供を養えるぐらいの給料はもらいたいと考えるのが普通だと思いますが、それだけの給料をもらえる人が、果たしてこの日本にどれだけいるのか?

この非正問題を少しでも早く手を打たなければ、少子化だったり、生活保護だったり、いろいろな問題が絡んできて、今後の日本経済的は、かなり悪化すると思うんですけどね。

スポンサーリンク